11月19日に久留米市美術館が開館します!

久留米市美術館は、1956年に開館した石橋美術館の活動を引き継ぎ、2016年11月19日(土)に開館します。

開館を記念して、2016年11月19日(土)~2017年1月22日(日)まで「久留米市美術館開館記念展 2016 ふたたび久留米からはじまる。九州洋画」を開催します。

九州をテーマにした展覧会で、九州に生まれた、あるいは九州にゆかりの総勢65名の洋画家たちの作品約110点によって、現代に受けつがれる洋画の流れをたどるとともに、九州の豊かな文化力と魅力を伝えます。

P050

 スペシャルナビゲーターは久留米市出身の吉田羊さん。美術館開館を祝い、初めて音声ガイドに挑戦します。

 

【久留米市美術館開館記念展「2016 ふたたび久留米からはじまる。九州洋画」開催概要】

会期:2016年11月19日(土)~2017年1月22日(日)

場所:久留米市美術館 本館2階

入館料:一般1,000円(800円)、シニア700円(500円)、大高生500円(400円)、中学生以下無料

※( )内は15名以上の団体料金、シニアは65歳以上

※11月19日(土)、20日(日)、23日(水・祝)、26日(土)、27日(日)は19:00まで延長開館(入館は18:30まで)

 

本館1階では「九州をあそぼうダンボールアート遊園地 in くるめ」も同時開催されます。

チャンピオンズ(テレビ東京)などでおなじみのダンボール王 岡村剛一郎氏が驚きの発想と技術によって生み出すダンボールアートを紹介します。九州各県の見どころをダンボール製の遊具に仕立て、1部屋1県、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄をテーマとし8部屋で展開します。展示会中にワークショップの開催されますよ。

【九州をあそぼう ダンボールアート遊園地 in くるめ 開催概要】

場所:久留米市美術館 本館1階

入館料:3歳以上500円、2歳以下は無料 ※本館1,2階両展をご覧になる方は入館割引あり

 

詳しくは、ホームページ http://www.ishibashi-bunka.jp/kcam/ へ。

 

また石橋文化センターでも開館記念イベントが開催されます。 

 ■久留米市美術館開館記念文化特別講演会「私の半生を振り返って—ストックフォルムへの道―」

 11月19日(土)11時開演 講師:大村 智氏 ※事前申込み終了 会場:石橋文化ホール

 

■久留米市美術館開館記念講演「enra PROXIMA in KURUME」

 内閣総理大臣主催公式晩さん会でIOC評価委員を魅了し、東京五輪誘致に貢献するなど、世界各地で絶賛されるenraが久留米初上陸!

 11月20日(日)13:30開演 入館料:全席指定 一般3,500円(学生1,500円) 会場:石橋文化ホール

 

その他、アーティストとのコラボレーションやアートフェスティバルも開催されます。

 

詳しくは、ホームページ http://www.ishibashi-bunka.jp/ へ。

 

※情報は2016.11.18時点のものです

久留米市美術館

住所福岡県久留米市野中町1015
TEL0942-39-1131
FAX0942-39-3134
URLhttp://www.ishibashi-bunka.jp/kcam/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ