豊後高田市 田染荘(たしぶのしょう)で幻想的なライトアップイベント「千年のきらめき」開催!

大分県国東半島に位置する、豊後高田市田市の田染荘小崎地区は、平安時代から千年変わらぬ田園風景を現在に残しています。

この農村景観が高く評価され、平成22年に国の重要文化的景観に選定。平成28年にはさらに広いエリアが追加選定されました。また、国東半島・宇佐地域の世界農業遺産の象徴的な場所として、多くの観光客が訪れています。

近くには、日本三大阿弥陀堂のひとつで、現存する九州最古の木造建築物である国宝「富貴寺大堂」や、国の重要文化財9体を有する寺院「真木大堂」、国の重要文化財・史跡「熊野磨崖仏」もあり、見どころ満載です。

そんな田染荘小崎地区で、2016年11月19日(土)から12月3日(土)にかけて、稲刈り後の水田を舞台した大規模なイルミネーションイベント「千年のきらめき」が開催されます。
約1万個のライトが田んぼのあぜに配置され、闇を幻想的に彩ります。

http://www.city.bungotakada.oita.jp/events/detail/275

お問合せ先

国東半島宇佐地域・六郷満山開山1300年誘客キャンペーン実行委員会 0978-22-3100

 

また、幽玄の世界に誘う六郷満山の寺院や磨崖仏等のライトアップイベントも開催されます。

国東半島では、奈良時代から平安時代にかけて神と仏が複雑に絡み合う、独特の仏教文化が発展しました。この時に僧たちの修行の場として次々に建立された寺院群の総称を「六郷満山」と呼び、平成30(2018)年、六郷満山は開山1300年を迎えます。

期間中は、国東半島の代表的な寺社仏閣で、ライトアップイベントが開催される他、神楽やゴスペル、護摩など様々なイベントも行われます。幻想的な夜の六郷満山をお楽しみください。

http://www.city.bungotakada.oita.jp/events/detail/278

お問合せ先

国東半島宇佐地域・六郷満山開山1300年誘客キャンペーン実行委員会 0978-22-3100

 

※情報は2016.11.21時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ