史跡のまちの“生”歴史ドラマ『岩屋城の戦い』太宰府で2/5公演

福岡県太宰府市の史実をモチーフにした演劇公演『史跡のまちの“生”歴史ドラマ』が2017年2月5日(日)、プラム・カルコア太宰府 市民ホールで開催されます。

第一回目のテーマは、かつて太宰府で行われた「岩屋城の戦い」と、城主である高橋紹運公。九州制覇を目指す薩摩の島津氏が、大友氏の家臣・高橋紹運が籠る岩屋城を落とした『岩屋城の戦い』を描きます。5万人と言われる島津軍に対し、わずか763人で徹底抗戦し全員玉砕した壮烈な合戦を通し、城主である高橋紹運公に迫ります。

あらすじ

時は西暦1586年、九州は太宰府、四王寺山に『岩屋城』という城があった。

城主は稀代の名将“高橋紹運”。

当時には珍しく義を重んじ、忠節を尽くす義将であった。

対して紹運と刃を交えること数度、裏切りと離反を繰り返し、戦国の世を狡猾に生き延びた武将“筑紫広門”。

その気性の荒さから、肥前の悍馬(かんば)と字される謀将であった。

互いに刃を交え、反目しあう二人の将は、やがて来る大敵と戦うため手を取り合う。互いの勝ちを得る為に。

別々の生き様を見せる両将が手を取り、戦って散った太宰府の合戦『岩屋城の戦い』を通して、生きるとはなにかを訴えかける。

※フィクションであり、事実と異なる場合があります。

 

史跡のまちの“生”歴史ドラマ 演劇公演『岩屋城の戦い』

■日時

2017年2月5日(日)13:00開演(上演時間:約160分・休憩あり)

■会場

プラム・カルコア太宰府 市民ホール(太宰府市中央公民館)

■観覧料

一般:1000円 高校生以下:500円(前売当日同額)

※未就学児入場不可

※全席自由

■チケット販売

プラム・カルコア太宰府 TEL.092-921-2101

太宰府市いきいき情報センター TEL.092-928-5000

太宰府市文化ふれあい館 TEL.092-928-0800

イープラス(インターネット) http://eplus.jp/


【関連企画】

2017年2月4日(土)

17:00 「高橋紹運 ミニ講座」講師:重松敏彦

17:30 「筑前琵琶ミニコンサート『岩屋城の訣別』」出演:東旭秀

18:00 「演劇公演『岩屋城の戦い』特別公開リハーサル」(いずれも入場無料・申込不要)

2017年3月24日(金)

史跡散歩ツアー「高橋紹運が戦った岩屋城をめぐる」(参加無料・要申込)

■問い合わせ

(公財)太宰府市文化スポーツ振興財団

TEL.092-920-7070(9:00〜17:00、土日祝休み) FAX.092-920-7149

 

※情報は2016.12.23時点のものです

プラム・カルコア太宰府(太宰府市中央公民館)

住所福岡県太宰府市観世音寺一丁目3番1号
TEL092-921-2101
FAX092-285-2631
URLhttp://www.city.dazaifu.lg.jp/admin/shisetsu/bunka_shisetsu/6008.html

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ