【マウンティングママにドン引き!】ハロウィンパーティーを台無しにしたママ友

今やクリスマスに続く、国民的一大イベントになったハロウィン。
皆さんは、ハロウィンを満喫しましたか?

我が家は、友人宅のパーティーにお招きされたのですが、
おばけより怖いマウンティングママのおかげで、とんだハロウィンになってしまいました。

quarrel best friends isolated

quarrel best friends isolated

友人同士なのに「自分の方が上だ!」とアピールしてきたり、
優越感を感じるために見栄を張る女性を、マウンティング女子といいます。

個人的な意見ですが、学生時代や独身時代よりも、結婚・出産後に、
マウンティング女子・・・いえいえ、マウンティングママに遭遇します。

マウンティングママの特徴は、他人よりも幸せに見られたい願望が強いこと。

「旦那の職業、住んでいる住居、生活レベル、どれをとっても、我が家の方が裕福!」

「私の方が子供を2人産んでいるから、子供が一人っ子のあなたよりも幸せ」

「あなたは正社員で、私はパートだけど、ワークバランス的に、私の方が充実している」

そんな自意識をオブラートで包み、お互いの属性を比較して、
さりげない自慢や上から発言をかましてくるのが、マウンティングママです。

そんな厄介なマウンティングママが、友人宅のハロウィンパーティーに紛れ込んでいたから、
さあ大変!和やかなパーティーが一変、険悪な雰囲気になってしまったのです。

まずマウンティングの引き金になったのが、ハロウィンの仮装でした。

パーティーの主催者から
「子供だけ仮装すればいいよね。負担にならないように、100均のハロウィングッズで
仮装するくらいの気軽なものにしましょう」という提案がありました。

そこで子供達の仮装は、魔女の帽子やマント、
おばけ柄のカチューシャをつけるくらいのお手軽さ。
一番手間がかかった子でも、包帯6本を全身ぐるぐる巻きにしたミイラ男でした。

もちろん、親は普段着です。

そこへ颯爽と登場した、マウンティングママ(以下Aママ)親子。
ママは、紫色のサテンに黒レースを、たっぷりあしらった魔女コスプレ。
息子は、丸々としたカボチャおばけの全身着ぐるみで現れたのです。

マウンティングママは、「えー!ハロウィンなのに、みんな地味だね!」と第一声。
それを聞いて、他のママ達は「子供だけ簡単に仮装する予定じゃなかった?」と内心モヤモヤ・・・

「でも最近の100均の充実ぶりはすごい!かかった費用200円だけど、
小さな魔女みたいで可愛い!」

「我が家は包帯6本で600円!最初はティッシュを巻いたんだけど、
すぐに破れるから包帯にしちゃった」

そんな話をしていたら、Aママが
「そんなリーズナブルな仮装で満足できるなんて、みんなの子供達は、とってもいい子だね!
うちなんて、息子が『着ぐるみがいい!』って聞かなくて。私のコスプレが8000円、
子供の着ぐるみは4000円以上したんだよ~。でも我が家のお陰で写真映えしそうじゃない?」
と誉めると見せかけて、マウンティング!微妙に嫌な空気が流れます・・・。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ