【結婚の挨拶で旦那の実家に】都会嫁、田舎の洗礼に、腰抜かす!

結婚してはじめての嫁仕事は、旦那の故郷で、結婚の挨拶をすること。

都会生まれ、都会育ちの嫁を待ち受けていたのは、
山奥の限界集落と、村人とのディープすぎる交流でした。

その週末、友人Aは、大きな荷物を手に、無人駅に降り立ちました。

半月前に結婚式を挙げて、晴れて夫婦になったAの旦那が
「俺の故郷は、本当に何もないよ。強いて言えば、山に猪と熊がいる!」
そう話していた通りの田舎。

都心から新幹線で4時間、鈍行に乗り換えて1時間半、ようやくたどり着いた頃には、
薄闇に包まれていて、人の気配がないかわりに、あちこちからカエルの大合唱が聞こえてきます。

生まれも育ちも都会っこの友人は「ここは・・・八つ墓村か!?」と、
田舎の雰囲気に圧倒されていました。

そもそもAが旦那の故郷を訪れることになったのは、義実家から
「こちらでは、花婿花嫁が、ご近所さんを一軒一軒巡って、結婚の挨拶をするもんだ」と
何度も催促されたから。

義実家から用意するように言われたものは二つ。
村のほぼ全ての民家30軒分のお菓子の折詰めと、花嫁花婿の名前入りの手ぬぐい。
手ぬぐいが仕上がるまでに時間がかかり、Aと旦那は、
手ぬぐいがガサガサ音を立てる紙袋を持ち、帰省したのでした。

翌朝、結婚の挨拶に村を巡ると、行く先々で
「あぁ!あんたが山本さんのところのお嫁さんね。さっき、あっこちゃんが知らせにきたよ〜」と言われます。

あっこちゃんとは、80代にして噂話が大好きな、村のスピーカーおばあちゃん。
めったにない結婚話に張り切って、「山本さんとこの嫁がきたぞー!」と先回りして、
言いふらしてまわっているらしい。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ