何でもかんでも引き受け!育児サークルで出会った周りを振り回しママ

 

出会いは自治体の講座でした

子供がまだ0歳の時、自治体で助産師さんに悩み相談をしたり、他の乳児のママさんとの交流もできる講座がある事を知り、参加する事にしました。

その時に出会ったのが、Aさんです。
積極的で講座終了後に皆をランチに誘ったりと、交流の好きな人当たりの良い方だと思いました。

Aさんの提案で講座に参加していた者同士で講座が終わっても交流を続けよう、と育児サークルができました。サークルで必要な事を皆で話し合っていると、Aさんは私がやる!とほとんどの仕事を引き受けました。名簿作り、自治体へのサークルとしての団体申請、メンバーのメーリングリスト作成などです。代表にもAさんがなりました。

皆で分担してやろう、と提案しても「いいの!私に任せて!」の一言。
せっかく代表がやってくれるなら・・・と皆でとりあえず任せる事にしました。

初めての「すっぽかし」

ある日、公民館を借りて集まりをする事になりました。
公民館を借りるには、自治体に団体申請をしておく必要があります。Aさんが団体申請をやってくれているはずだったので、ちょうど公民館付近に用事のあった私が、利用のための予約を取っておく事になりました。

予約申請を公民館の窓口で申し出た所、「団体申請されていないから予約が取れません」という返事。そんなはずは!と思い、とりあえずAさんに確認メールを送ってみた所「忙しかったから申請できなかった!」との返信が。「ええ~自分で言った事は責任持ってほしいな・・・」と思いつつも、忙しかったなら仕方ない、と思い今後の活動の為にも団体申請は必須だったので、代わりに申請をその場で済ませ、予約は無事に取れました。

公民館での集まりの際、Aさんに他の作業の進捗状況を聞いた所、何と全て手付かず!
皆Aさんに少しの不信感を抱いたのが何となく分かりましたが、Aさんの負担も大きかったとの事で、皆で作業を分ける事に決まり、その日の集まりは終了しました。

1 / 3

関連タグ

この記事もおすすめ