【ママ友トラブル】なんでも真似するマウンティングママ。ついに高級ピアノを購入!?

古くはペアルック、最近では双子コーデ。女性は、お揃いが大好き。

心理学的に女性は、同じ物を身につけたり、同じ行動をすることで、親近感を得たり、同調欲求を満たして、安心する傾向にあるようです。

けれど、一方的に真似されたら・・・?間違いなく不愉快ですよね。

学生時代からずっと、友人にファッションや持ち物を真似されてきた、ある女性の反撃を、ご覧下さい。

高校時代の友人Aは、センスが良くて、プチプラなのに、お値段以上に素敵な物を見つけるのが得意でした。垢抜けたAのファッションや持ち物は、同世代の少女達にとって、羨望の的。

雑誌の中のモデルよりも、Aはずっと身近なお手本で、同世代のファッションリーダー的な存在でした。

そんな中で異質だったのが、Aの幼なじみで、腐れ縁のB。

お金持ちのお嬢さんで、いつでも自分が一番注目されないと気が済まないタイプで、Aが周囲から誉められるたびに、つまらなそうな顔をするのです。

ある時、「Aのバッグ、すご~く可愛い!どこの?」と盛り上がったことがありました。

Aがヴィンテージショップで見つけた、掘り出し物のバッグは、びっくりするくらい安いのに可愛くて、「やっぱりAは買い物上手」と友人達は頷きあいました。

 

そして数日後、Bは、似たようなデザインと色のブランドバッグを持ってきました。

「ヴィンテージショップって、いわゆる中古でしょ?他人が持っていたものなんて、正直気持ち悪くって、私は駄目なの」

そんなマウンティング付きで、新しいバッグを自慢しました。

 

またある時は、Aがセール服を上手にコーディネートしていると、Bはそっくりなファッションで言うのです。

「セールの洋服って、色んな人が触ってグシャグシャじゃない。結局、セール除外品の洋服ばっかり、目についちゃうのよね」

 

Bは真似するだけでなく、同じブランドのワンランク高いグレードのものや、そっくりなデザインで高い物を選んで、張り合うから、たちが悪い。

周囲が、Bをたしなめても、どこ吹く風で、「似てるかな?Aが私の真似しているんじゃない?」なんて堂々と開き直る始末。

なぜか、真似されているA本人は、さほど気にしていないようでした。

1 / 3

関連タグ

この記事もおすすめ