【恐怖ママカースト】ママ友の為、入園願書の行列に徹夜で並ぶ妊婦さん

ママカーストは、ドラマの中だけの話と思っていませんか。これは幼稚園激戦区で目撃した、ママ達のパワーバランスの話。カーストの頂点に君臨するボスママのお願いを断り切れず、妊婦のAさんは、他人の子の為に、幼稚園入園願書の行列に徹夜で並びました。その結末とは・・・。

2016年の新語・流行語大賞の候補に「保育園落ちた日本死ね」が入っていましたが、保育園に負けず劣らず、幼稚園も激戦なのを知っていますか?

少子化とダブルインカムが、スタンダードになった昨今、幼稚園は園児を確保する為に、サービスを向上させて、他園に差をつけようと躍起になっています。

そのため、人気の幼稚園は、2歳児向けのプレに通わないと入園できなかったり、入園願書の争奪戦がおきたりと、壮絶なのです。

我が家の近所にある幼稚園は、まさに入園希望者が殺到する超人気園。入園願書の受付は、先着順で入園が決まることから、受付前日は、徹夜で親御さん達が行列をつくるのが、風物詩になっています。

1 / 3

関連タグ

この記事もおすすめ