【自称イクメン】育児のイイトコだけ…ついに鉄槌が下される事件が!

「イクメン」という言葉が定着した一方で、育児の良い部分だけつまみ食いして、大変なところは奥さんに押しつける、自称イクメンも増殖中。SNSで子育てアピールをする自称イクメンが、化けの皮をはがされて、痛い目を見る話をしましょう。

私事ですが、先日92歳になる祖母とおしゃべりしていると、こんな話題になりました。

「最近の男の人は、赤ちゃんの抱っこ紐をつけてくれるのねぇ。じいちゃんなんて『男が、外で赤子を抱くなんてみっともない!』って、先にスタスタ歩いて行って、なんの役にも立たなかったわ!」

30年前に死んだじいちゃん、70年前の出来事を、未だに根に持たれていました。(苦笑)女性は、半世紀経っても、育児中の恨みをありありと思い起こすことができるんですね。

そして、大正生まれの祖母から見れば、現代の男性は皆イクメンに見えるようですが、実情はどうでしょう。

「貴方の旦那さんはイクメンですか?」

そう尋ねられて、「もちろん!」と即答できる女性は、少ない気がします。

逆にオムツ替えや休日に子どもと遊ぶだけで、イクメンぶる男性の多いこと!

友人Aの旦那は、残念なことに、そんな自称イクメンの一人でした。

結婚前から「俺は子ども好きだから、絶対イクメンになるよ!子どもは3人欲しいな。息子とサッカー、娘とデートするのが夢だったんだ」と言い、赤ちゃんが生まれると、メロメロになって子育てをしていました。

ただし、育児の良いところ限定で。

1 / 3

関連タグ

この記事もおすすめ