子作りを邪魔しているのは姑?!舅姑との同室温泉旅行は、断固お断り!

舅姑や実親から「孫はまだ?」とプレッシャーをかけられたこと、ありますか?結婚以来、エスカレートしていく孫催促と、毎年開催される舅姑同室旅行に、ストレスを溜め込んだ友人が、ついに爆発!良い嫁終了宣言をした結果、姑との関係はどうなったのでしょう。

結婚3年目のAは、野菜や食料品、その隙間を埋めるようにタオルが詰まったダンボールを開けて、溜め息をつきました。憂鬱の原因は、荷物の送り主で、数時間後に電話をよこすであろう姑。毎月、夫婦二人では消費できない程の食料品を送ってきては、「荷物届いた~?」と確認し、必ず孫催促をしてくるのです。

「たくさん栄養をつけて、早く子どもを産みなさいね。あなた達も若くないのだから。私達の楽しみは、孫の顔を見ることなんだからね」

姑の言葉は、30代半ばのAの肩にずっしりとのしかかり、いつも気持ちを滅入らせます。段々、姑からの電話が苦痛になり、旦那に対応してもらっていましたが、それでも姑は「Aちゃんに替わって。大事な話があるの」と譲りません。嫌々電話に出ると、まくしたてるように孫催促をされるのです。

「体を冷やしていない?この前テレビで、冷えは女性の大敵!妊娠しづらい体になるって言っていたわよ」と余計な世話をやくのでした。

1 / 3

関連タグ

この記事もおすすめ