天神エルガーラホールに「ミニ科学館」がやって来る!(4/1)

福岡市中央区天神のエルガーラホール・8階大ホールと1階パサージュ広場で開館半年前記念イベントが開催されます。入場は無料。メイン会場となる8階大ホールには、見て、触れて、科学を体感できるコーナーが所狭しと並ぶ他、パサージュ広場にも科学館のPRブースが登場。

イベントの主な見どころをご紹介します。1日だけの福岡市科学館で、ワクワク・ドキドキの体験を先取りしてみては?

4月1日(土)に開館半年前記念イベント

[8階大ホール]

ミニプラネタリウム

直径6メートルのドーム形の移動式ミニプラネタリウムが、福岡の美しい星空を臨場感豊かに再現。1回約10分で、随時実施されます。

ロボスクエア ロボットショー

ロボスクエアのロボットによるパフォーマンスショー。「黒田節」を踊る二足歩行ロボットも登場します。1回約10分で、随時実施されます。

 

国際宇宙ステーションVR体験

宇宙を紹介するブース。仮想現実(バーチャル・リアリティー=VR)を体験できる特殊なスコープを使い、宇宙飛行士になった気分で国際宇宙ステーションを眺められます。

 

サイエンスショー

九州サイエンスラボ 代表、石橋一樹(かず)先生による科学実験ショー。11:30~と13:30~の2回。

 

サイエンスカフェ

科学のあれこれについて専門家とおしゃべりできるスペース。さまざまな疑問・質問を投げ掛けてみては。15:00~16:30。

 

小さないきものの小さなせかい

顕微鏡の画像を撮影して缶バッジにするワークショップが開かれます。1回約25分で、11:00~17:00に12回実施されます。

 

[1階パサージュ広場]

特別車両の展示

太陽を観察できる望遠鏡などを積む「移動天文車」と、出張サイエンスショーの機材を積む「移動科学館車」が登場。

※4月2日(日)には、「福岡城さくらまつり」を開催中の福岡城跡・舞鶴公園(福岡市中央区城内)でも展示されます。

久留米高専コラボブース

二つのワークショップを開催。

●スーパーボール作り…素材の組み合わせでいろいろな柄のボールが作れる。1回約30分、定員各回4人。11:00〜計11回開講。

●無電気ラジオ作り…無線技術の原点に触れられる。1回約45分、定員各回6人。11:00〜計7回開講。

 

開館半年前記念イベント/天神に「ミニ科学館」がやって来る!

■日時

4月1日(土)11:00~17:00

■場所

[第1会場]エルガーラホール・8階大ホール

[第2会場]パサージュ広場

■内容

[ステージ エルガーラホール・8階大ホール]

サイエンスショー 11:30~12:30、13:30~14:30 石橋一樹(かず)先生

サイエンスカフェ 15:00~16:30

[ブース エルガーラホール・8階大ホール]

ミニプラネタリウム

ロボスクエア ロボットショー

展示体験コーナー

[パサージュ広場]

移動天文車・科学館車展示

福岡市科学館PRパネル展示

※4月2日(日)さくらまつり会場でも車両を展示

http://www.fukuokacity-kagakukan.jp

 

※情報は2017.3.24時点のものです

開館半年前記念イベント 天神に「ミニ科学館」がやって来る!

住所福岡県福岡市中央区天神1丁目4-2

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ