博多秋博2016イベントラインアップ vol.3

① 川上音二郎忌(11月11日@承天寺)

川上音二郎は1864年、博多の大きな藍問屋に生まれ世界を駆け巡った、明治の演劇人で、日本最初の世界的エンターテイナーです。自由民権運動をからませた羽織袴にハチマキ、手には日の丸の軍扇という出で立ちで唄った「オッペケペー節」が一世を風靡しました。1899年にアメリカに渡り興業、翌年にはパリ万博に呼ばれ公演し、大人気を博しました。そんな川上音二郎を顕彰し、承天寺老師による法要が営まれます。

◯11月11日(金)10時~11時
◯承天寺
【問い合わせ】 「博多町家」ふるさと館 092-281-7761

 

② 第114回博多織求評会(11月11日~13日@承天寺)

 博多織新作の品評・展示会を開催。会場では好みの新作博多帯への投票や、普段は非公開で特別に開放された承天寺境内でのお茶会(有料)も。

 博多芸妓(げいぎ)による芸の披露やはかた伝統工芸館から承天寺までお気に入りの着物で歩くイベントなども実施されます。

◯11月11日(金)~13日(日)10時~17時(13日は~15時)
◯承天寺
【問い合わせ】 博多織工業組合092-409-5162

 

③ 博多ライトアップウォーク2016博多千年煌夜(11月23日~27日@承天寺ほか)

光が映し出す幻想的な美 博多織の要素も演出に

 博多の悠久の歴史と伝統を語り継ぐ数々の寺や神社。それらに照明を施し、奥深い魅力を浮かび上がらせるのが、今年で11回目となる「博多ライトアップウォーク 博多千年煌夜」。博多がこれからもずっときらめく街であるように、という思いが込められています。

 玄界灘を表現した承天寺の石庭や東長寺の山門・六角堂をはじめ、毎年、それぞれの寺社で趣向を凝らしたライトアップを行います。趣向を凝らしたライティングによる情趣あふれる景観は、息をのむような美しさ。昼間とは全く異なるたたずまいは感動を呼び起こします。

 今年は各寺社で「HAKATA-ORI」の要素を取り入れたライティングが実施されます。人魚の骨を所蔵する寺として知られる龍宮寺など四つの新会場がお目見えし、さらに期待が膨らみます。普段は立ち入ることができない場所が開放されているのも貴重。グルメ屋台などが登場する夜市や茶会なども楽しみです。秋の夜長、心行くまで博多の風情に浸りたいですね。

◯11月23日(水・祝)~27日(日)17時30分~21時(雨天決行)
◯会場 櫛田神社 承天寺 東長寺 妙楽寺 円覚寺 正定寺 妙典寺 本岳寺 博多千年門 

【新会場】善導寺 海元寺 龍宮寺 葛城地蔵

◯チケットは11月2日(水)から販売開始。【前売り】1000円 【当日】1300円 

入場券は各有料会場に1階ずつ入場できる、11枚綴りの入場券です。

販売場所 福岡市観光案内所(博多駅・天神)、「博多町家」ふるさと館、はかた伝統工芸館、

櫛田神社お札所、主要コンビニエンスストアほか

【問い合わせ】 博多ライトアップウォーク実行委員会事務局 080-2754-2631

 

④入江千春の「あかり絵の世界」

ほっとする「あかり」に出会いに来ませんか。なつかしい風景の中で遊ぶ子供たちと、ふるさとの言葉を合わせた温かなあかりのオブジェが町家の中に並びます。生き生きとした人形の表情に、こどもたちの声が聴こえてくるようです。

◯11月1日(火)~30日(水) 10時~18時

 ※ライトアップ期間中(11月23日~27日)は~21時

 「博多町家」ふるさと館

【主催・問い合わせ】「博多町家」ふるさと館 092-281-7761

 

⑤住吉神社 横綱奉納土俵入り

日本相撲協会の公式行事。毎年九州場所前に開催され、約3千人の観衆が集まります。

◯11月2日(水)14時
 住吉神社
【主催】 日本相撲協会
【問い合わせ】住吉神社 092-291-2670

 

⑥希代のスーパースター ~博多の音二郎~

 

明治の演劇界で活躍した川上音二郎の破天荒な生きざまを、フィクションを織り交ぜながら描きます。チケットは承天寺、梅谷仏具本店、プレジデントホテル、博多魚宴で販売中。

◯11月3日(木・祝)~5日(土)

 昼の部13時30分、夜の部17時30分

 ※4日は夜、5日は昼のみ

承天寺

前売り 2千円(当日2500円)、中高生千円、小学生以下無料

【主催・問い合わせ】 劇団 博多よかたい 090-2086-7407

 

⑦はかた伝統工芸館秋まつり 「博多商店」VOL・3  「作って学ぼう 体験型イベント」

 

はかた伝統工芸館で毎年恒例の秋まつり。こだわりを持って作られた福岡県内の伝統工芸や特産品が集結する他、ワークショップも実施。「見て、食べて、学んで」ができる人気のイベント。

◯11月12日(土)・13日(日) 10時~18時(入館は~17時30分)

 ※最終日13日は~16時(入館は~15時30分)

 はかた伝統工芸館

【主催・問い合わせ】 はかた伝統工芸館 092-409-5450

 

⑧肥後の革工芸と民工芸品展

 熊本県の伝統工芸や革工芸を中心とした民工芸品などを展示・販売。

◯11月14日(月)~23日(水・祝) 10時~18時(入館は~17時30分)

 ※最終日23日は~15時

 はかた伝統工芸館

【主催・問い合わせ】 はかた伝統工芸館 092-409-5450

「はかた伝統工芸館秋まつり」と「肥後の革工芸と民工芸品展」の会場であるはかた伝統工芸館2階の常設展示室では、福岡・博多の伝統工芸の紹介や歴史のある貴重な作品をご覧いただけます。1階の企画展示室では、週替わりで新しい伝統工芸のイベントを開催。喫茶コーナーでは、オーガニックコーヒーやスイーツなど、休憩場所として人気です。

 

※情報は2016.11.1時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ