ピコ太郎より野良猫ニャン吉だろ【サ日記】

 最近、以前よりひんぱんに更新しないサニであります。ちょいと飽きられたのか、ネタがつまらないせいニャのか、「ポチッ♡」も以前のようには伸びニャイ。愚痴を言ってるわけではニャイです。みなさんに喜んでもらえる話題を提供できるように、知恵を絞りたい。そのためには、毎日新しく書いていると質が落ちるので、時間が欲しいところだ。

 

 

 だいぶ陽射しが弱まってきたとはいえ、ここ福岡はまだまだ暑かったりするぞ。静かに寝ていると、意外に強めの太陽が照りつけてきて、目が醒めてしまう。

 テレビでもネットでも、千葉県出身と名乗る「ピコ太郎」とやらの動画再生がスゴイことになってる話題で持ちきりだ。風貌は、何年か前にちょっとだけ話題になった「ギロッポン」の鼠先輩みたいなカタギから外れた世界の人の感じだ。最近こうゆう人、めっきり見なくなった。

 ジャスティン・ビーバーとかゆう人が褒めてから急激にアクセス数が増えたらしいが、猫のおれにはあんまり意味がわからんぞ。ジャスティンといえば、ソフトバンクホークスが1位指名した田中正義投手は、あの大谷翔平と同い年で、「しょうへい」「ジャスティス(正義)」と呼び合う間柄だという報道があったが、田中投手は、「そんなことないです」と、あっさり否定してた。どうニャってるんだ。

 飼い主のわけのわからん形をしたざぶとんに王様のように座るおれ。この家に来る前のことはな~んも覚えてニャイが、なんでも今の家からかなり離れた公演で野良として暮らしていた、という話を近所の人がしてたらしいぞ。近々、自分のルーツを探る小旅に行くとするか。風呂に入る姿などが台湾など世界でも人気の「野良猫ニャン吉君」よりは、おれの方が野良らしいぞ。だいたい、野良猫は風呂も入らんし、服を着たり、散歩用のひもも付けたがらんだろうに。

 ところで、このおれ様ことサニがブログを書かせてもらってる「ファンファン福岡」というサイトは、今月からより「福岡色」を強めるために、福岡の話題を増やす方針になっておる。知らんだろうが。そうすることで、アクセス数を増やせるらしい。ほんとかどうかおれにはわからんが、及ばずながら、少し協力しよう。以前、プレゼントに応募してくれた「出張の多い」東京在住の人も、「福岡のネタを教えて下さい」と書いてきてたし。

 で、上は中央区春吉というまちを南北に通る道。勝手に「アビイ道路」と名乗っている。もちろん、ビートルズのスタジオのあったアビイロードのパロディだ。

 こげな通りだ。右前方にある黄色い看板のお店は、「いせや」。地元密着な小ぢんまりしたスーパーですニャ。

 こげなお店もある。「佐賀のがばいばあちゃん」が有名だが、お隣の福岡県にも進出してるのか。おでん屋さんみたいだぞ。B&Bで一世を風靡した洋七さんだが、今の若者は知らんだろうニャ。最近、NHK教育のゴルフレッスン番組で生徒として出演してるのを見た。

 これは渋い。年々減っていくばかりの銭湯がまだ町の真ん中に営業しておるぞ。おれは、水もお湯も苦手だから無理だが、野良猫ニャン吉君は、きっとダイジョブだ。熱めのお湯がお気に入りらしいからニャ。

 さも、自分がぶらぶら歩いたように春吉のアビイ道路を紹介したが、おれは出歩かニャイ出不精猫。全部飼い主の撮った写真だ。結局、家のまわりがいちばん落ち着くからニャ。

 

 

 

 

 きょうも、書き疲れた。寝る時間だ。

 きょうもだが、あしたあさっても全国的にぐずつき気味の天気だという。レジャーにお出かけの人はかさを忘れぬようニャ。

※情報は2016.10.21時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢7歳くらい。オス(去勢済み)。多分アメショーも交じった雑種。グレーっぽい縞模様。5歳くらいの時に、福岡市の飼い主の家にチャッカリ上がり込んで、飼い猫になる。人間には甘えるが、他の猫には基本キビシイ。よく喧嘩してケガをする。首が太い。世の中を斜めに見る自由猫(じん)。好きなかつお節のメッカが舞台の紀貫之の「土佐日記」に刺激を受け、ブログを始める。32歳まで生きることが目標。

関連タグ

この記事もおすすめ