嵐のJALのCMの光の道、次は2月【サ日記】

 サニです。前回のブログは、54ポチッ♡押していただいた。ありがとうごニャイます。面白くなかったら、遠慮なくほったらかしてくださいニャ。健全な批評の無いところに上達は無いからニャ。今年、ソフトバンクホークスが優勝しなかったのも、地元ファンがやさしくし過ぎたせいかもしらん。

  ところで、これきのう24日(月)の夕方書いたんだけど、「カテゴリー」のサ日記を登録するのを忘れとって、配信がわかんなかった方もいることでしょう。すみませんでしたニャ。 

 今回は、最近しょっちゅう現われるシロクロを前面に押し出したぞ。一事しょぼくれておったが、最近勢いがあって良い。弟子には、色々教えてやらニャいかんからニャ。

 きのうの夜、ニュースを見ておったら、福岡市の東側・福津市にある宮地嶽神社に大勢人が集まる様子が流れていた。「ニャンだニャンだ」と思って見ていたら、年に2回しか見るチャンスが無いという、鳥居から海に向かっての「光の道」を見るために集まった人たちだそうだ。ちょっと前に、嵐の出るJALのCMで場所を明かさずに放映したところ、あっという間にばれて、全国的に有名になったという。きのうも、大阪とかから来た人がインタビューにこたえてたぞ。

 これが、その宮地嶽神社のお社だ。ニャカニャカ立派だ。

 きのうは、お天気がイマイチで残念ながら、上の写真のような風景は見られなかったようだ。今回は15日からきのう23日まで。次のチャンスは2月19日頃から一週間という噂だ。福岡に来たい人は、このタイミングに合わせるといいかもしんニャイぞ。嵐のコンサートのチケットは簡単に取れんが、神社に入るくらいは、ニャンとか出来るだろう。

 きょうは、シロクロ特集みたいなもんだ。きのう、おれが気がついただけでも、3回うちに来たからニャ。のそのそとしのび寄ってくる。

 

 ひかえめな性格だから、大手を振って騒がしく現われたりしニャイ。抜き足差し足忍び足だ。

 いつの間にか、おれたちの居る場所に近づいてる。

 うむ、来やがったニャ。カラスが飛ばしたえさ入れがまだ向こうに転がってる。

 どれどれ、食事の前に猫生(にゃんせい)相談にでも乗ってやろうか。

 これは、腹をさらけ出して悩みを打ち明けている姿ととらえていいのか。

 おれの家にまで上がって来て食べるのは、ちとあつかましいんじゃニャイか。

 そうそう、しっかり食べときんしゃい。

 その間、おれは外のたまり水を飲む。至上のひとときだ。

 うむ、弟子も満足したごたるニャ。よかったよかった。

 

 

 ”サニあにき、ごちそうさまでした。”

 えさは、おれじゃなく、飼い主がやったもんだけどニャ。ま、よかろう。

 やつを見送ったら、眠くなってきた。

 すぐ眠り込む。

 場所を変えてまた、ねむねむ。

 ここは、おれのいちばん落ち着く場所。室外機の上だ。特別に教えといてやろう。わけのわからん羽毛が背中に乗ってる。色からしてカラスじゃニャイ。

 つうことで、一日の終わりには、みなさんもお気に入りの場所で心を休めてくれニャ。

 

 

※情報は2016.10.24時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ