張本さんはまだ大谷翔平に喝ニャのか【サ日記】

 札幌ドームでは、日本シリーズ第5戦。盛り上がっておるニャ。この「サ日記」執筆中の今、1対0で広島が勝っておる。

 きのうの大谷選手のサヨナラヒットはさすがだニャ。サンデーモーニングの「ご意見番」こと張本さんは、「二刀流なんてバッターに失礼だ」とか言ってるが、大谷投手の方がバッティングもいいんだったら、しかたないんじゃニャイか。日本ハムで出れてない野手の人たちが奮起して大谷選手より打つようになったら、自然とピッチャー専業になっていくと思うのだが、どうかニャ?

 

 きょうは、ひさしぶりに近所の人の飼い猫「nanako」の写真を多用しよう。おれの写真も、シロクロの写真も良いのがあんまりニャイから。ところで、やっぱシロクロを「クロシロ」と呼ぶことにするわ。模様(柄)による猫の性格というのが、猫の雑誌に載ってたが、黒と白の混じった柄の猫は、黒地が多い方が穏やかな性格らしい。おれの弟子がそうで、実際温厚だから、「名は体を表わす」ように、あらためて「クロシロ」と名づけよう。

 nanakoには会ったことがないから、どんな性格かは知らん。写真を近所の人が送りつけてくるばかりだ。こんなサルみたいな恰好をさせられて、大人しくしてるぐらいだから、おれのような荒っぽい猫じゃニャイことは確かだ。

 これは、隣県熊本の有名キャラ「くまモン」のつもりだニャ。赤い丸が人気のポイントらしいぞ。

 これはなんのつもりだ?何様のつもりだ? 見聞の狭いおれにはわからんぞ。みなさんは、わかるかニャ?

 これまたニャンだろう。ロシアのコサックダンスの帽子か?赤十字のようなマークも付いてるが。

 nanakoは、怒ったような顔にも見えるが、そうでもニャイんだろう。おれなら、「おもちゃにしやがって!」と腹を立てるところだが。ということで、近所の人からギターとか色々いただいたが、服とか身に着けるものは、要らないからニャ。くれぐれもニャ。

 最近は、寒暖の差が激しい。あったかい時には外も気持ちいいが、急に寒くなったりするんで、油断禁物。人間界では、風邪や肺炎、気管支炎が流行ってると聞く。

 少々疲れ気味のおれ。睡眠不足だと、風邪をひきやすいというので、眠って充分な体力をつける。

 落ち着くと、こんなふうに手をたたむ「香箱坐り」になる。猫の本にも、「この座り方を愛らしい」という愛猫家が多い、と書いてあった。

 どれどれ、新聞でも読もうかニャ。最近は、若い人だけでなく、新聞を読まニャイ人が多いという。困ったもんだ。猫のおれでも読んでるというのに。

 最後に、影絵のような幻想的なおれの姿で締めくくろう。哀愁に満ちた横顔だろう。

 みんな風邪ひくニャよ(全員集合のカトちゃん風に)。わからんか。

 

※情報は2016.10.27時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢7歳くらい。オス(去勢済み)。多分アメショーも交じった雑種。グレーっぽい縞模様。5歳くらいの時に、福岡市の飼い主の家にチャッカリ上がり込んで、飼い猫になる。人間には甘えるが、他の猫には基本キビシイ。よく喧嘩してケガをする。首が太い。世の中を斜めに見る自由猫(じん)。好きなかつお節のメッカが舞台の紀貫之の「土佐日記」に刺激を受け、ブログを始める。32歳まで生きることが目標。

関連タグ

この記事もおすすめ