【訃報】福岡市動物園のミナミシロサイ「ロック」が死亡

平成 28年10 月29 日(土)朝、福岡市動物園で飼育しているミナミシロサイ『ロック』( 推定 45 歳)が亡くなりました。 死因は現在調査中。 これで、福岡市動物園で飼育しているシロサイはいなくなりました。

提供:福岡市動物園

提供:福岡市動物園

ロックは、国内最高齢のオスのミナミシロサイで、1976(昭和51年)5月20日に福岡市動物園に来園、長い間にわたりみんなから愛されていました。動物園によると、亡くなる前日は雨だったため、屋外と屋内を自由に 行き来できるようにして放飼、 食事も普段の量を食べていて異常は見られなかったそうですが、 10 月 29 日の朝に飼育員が来たときにはすでに 死亡していたそうです。

提供:福岡市動物園

提供:福岡市動物園

人見知りがなく、大らかな性格でみんなに愛されたロック。ご冥福をお祈りいたします。

 

※情報は2016.10.29時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ