ハロウィンに思う「空也スピリットと弁財天ヌード」

吉祥寺の井の頭公園を散策していると、弁財天の寺院がありました。

それは美しい寺院でした。美しさに感動し、今年のハロウィンは弁財天にしようと閃きました。それで弁財天の画像を検索していたのですが、あの人(というか神様)、全裸なのです。全裸でないものもありますが、それだと弁天様と分かりにくいのです。

実は私は、ハロウィンの露出度の高い仮装がきらいです。というのも以前、ハロウィンの仮装コンテストに傑作「空也像」の仮装で参加した際に、露出度の高いセクシーな猫に敗北を喫し、優勝を奪われたからです。想像してください。空也像です。空也像の仮装ということは、襤褸を身に纏い、草履を履き、口に小さい六つの仏像(南無阿弥陀仏の六文字を表す)を咥えていないといけないのです。

会話どころか、食事すら諦めないといけない仮装なのです。そんな渾身の仮装が、乳房を晒しただけの猫に負けるなんて・・・理不尽さに、血の涙を流したものです。当時の恨みがあまりに深く、以来、ハロウィンで露出度の高い女性を見るたびに噛みついてしまうのです。

そんな私が弁財天の仮装となると、全裸に琵琶という仮装になります。猫や魔女以上の露出度です。空也スピリットと矛盾します。 

困ったなあと思いながら弁財天のヌード画像を漁っていると、あることに気付きました。おこがましいのですが、弁財天の体形が、自分の体形と似ているのです。試しに自分の半裸ビキニ画像を出して比べてみましたが、やはり似ています。ふたりとも、貫禄のあるぽっちゃりです。茹で立てうどんのような裸体です。私は感動しました。感動のあまり、SNSのアイコンを自身の弁財天似のビキニ画像に替えました。

するとこのビキニのアイコンに対して、困惑の声を頂きました。現在、SNSとビジネスは非常に密接になっております。ビジネスの関係者が私のビキニ写真のアイコンを見ると、社会でのイメージが悪くなるのではないかとのことです。なるほど。そういう考えもありますね。そういうご意見は有り難く頂戴し、無視していこうと思います。

ビキニっていうか、弁財天似の写真ですから。

これからハロウィンで半裸の魔女や猫やナースが街に現れると思います。そしてパーティーが行われると思います。そんな日本のハロウィンに対し、私はひとり空也スピリットで臨みます。弁財天ヌードで外出は難しいですが、パーティーよりも墓場でデートとか、寺院で夜遊びとか、そういうハロウィンを過ごせたならどんなに幸せだろうと夢見るのでありました。

※情報は2016.10.29時点のものです

カミーユ綾香

北九州市出身。在日韓国人と中国残留孤児の多く住む多国籍な街で育つ。 警固インターナショナルの代表として、十数言語による語学スクールとインバウンド支援の多言語ウェブサイト制作会社を運営する一方、難病の重症筋無力症とパンセクシュアルというセクシュアリティの当事者として、様々なマイノリティの生きやすい社会を目指して精力的に活動中。http://www.kego-international.com/

関連タグ

この記事もおすすめ