「アクティブエイジング」でいくつになっても若々しく!【オトナの保健室vol.9】

オトナの女性ならぜひ知っておきたい健康・医療の質問コーナー【オトナの保健室】。

福岡県医師会の広報も務める医療コーディネーターの上田あい子氏 が、それぞれの分野の医師や研究者など、 専門の方々からシリーズでお話を伺っていきます。

今回は、早良区次郎丸の駅徒歩2分おおつかクリニック理事長 大塚 由美先生に伺いました!

いくつになっても、アクティブでキラキラしていたい!そんな願いを叶える秘訣とは…

Q.アクティブエイジングとは何でしょうか?

年齢を重ねても心身共に健康的に暮らしていけること、つまり「病的老化」を極力食い止めることに主眼をおいて、体の内面と外面の両方からアプローチします。

 

Q.なぜ内科医の先生が、アクティブエイジングを提唱されているのですか?

内臓の状態が肌の色つやに反映されることは周知の事実ですね。検査を受けても特に異常はないけれど、「何だか体調がすぐれない」といった東洋医学でいう「未病」の状態の方に、漢方の処方やサプリメント、または点滴療法(高濃度ビタミンC点滴、グルタチオン療法など)を個々人に合わせて選択し、お勧めしています。 これらは内面からのアプローチですが、同時に「痛くないしわ・たるみ改善」効果の高い高周波美容機器やイオン導入等を使用して、「見た目のエイジングケア」にも力を入れており、内科医ならではのケアを提唱しています。

 

Q.年をかさねること「エイジング」について、先生ご自身はどうお考えですか?

「生物学的年齢」というものにあまりこだわらず、前向きな姿勢で好奇心旺盛な方ほど若々しいですね。心と体は連動していますから「見た目」が若々しくなれば、自信が持てて精神的にも若返り、更に活動的となり体も元気になる、という「正の連鎖」を生みます。これこそが私の目指すアクティブエイジングです。

 

医師のプロフィール

大塚 由美

●おおつかクリニック 理事長

[ホームページ]http://www.faa-otsuka.jp/

[理事長ブログ] http://ameblo.jp/gamzatti/

 

※情報は2016.11.8時点のものです

上田あい子

NPO法人ウィッグリング・ジャパン代表理事、医療情報TV番組元プロデューサー、福岡県医師会広報委員

女性のための医療情報サイト「ハッピーチャンネル」http://8p-ch.com

関連タグ

この記事もおすすめ