博多駅前の道今夜復旧か!【おじ猫のサ日記】

 タイトル写真は、なんのこっちゃわからんと思うが、飼い主Jが昨夜撮ってきた陥没のあった博多駅前の道路だ。もうアスファルトが敷いてある。道路もそうだが、ガス管も下水管も電話回線も電気もスゴく復旧が早かったんじゃニャイか。周囲の人はほんとうに大変だったろうが、なかなかこんなスピーディーな作業ってのは無いんじゃないのか。

 

 セブンイレブンとかアパマンショップ、向こう側に見える伊予銀行も何度もニュースなどの映像に映っていた。それぞれお客さん相手の仕事だから、みんな困ったことだろう。

 今夜(11月14日)は、今年最大の満月(スーパームーン)だそうだ。残念なことに今夜は全国的に雨でほぼ月は隠れてるらしい。とはいえ、その前後でも相当月が大きく見えるというので、きのうの昼間から空を見上げておった。昼間だから当然に見えニャイ。「見てる方角も全然違う」と飼い主から馬鹿にされた。

 あしたは、けっこう晴れるところも多いみたいだから、夜がたのしみだぞ。満月は急には小さくならないからニャ。

 飼い主に笑われて、照れ隠しに転がるおれの様子。きのうは、ひさしぶりにあったかかった。福岡はそうだが、テレビで見る北海道は、ものすごい雪が降ってたニャア。おれは、あんな寒いとこには行けんぞ。

 よろよろと起き上って庭を歩く。おれはよく覚えてないが、お医者さんの話では、歯のすり減り具合から見て7歳か8歳になるらしいんで、人間でいえば40代半ば。まさに、おじさん。「おじ猫」の名にふさわしい。おれが尊敬してやまニャイ鹿児島の人気猫・ニャン吉さんも同年代の7歳。彼も「おやじ猫」を自認しておる。もっとも、息子や娘の猫が居るから、真のおやじだニャ。おれは、天涯孤独ではあるが、飼い主が居るし、ブログを書いて固定読者も付いてるからさびしくニャイ。

 おれが唯一気を許してる猫のクロシロが来てえさを食べておった。おれたちには信頼関係があるから、言葉は要らニャイ。小田和正の世界か。いやあれは「言葉にできニャイ」か。いずれにしても会話もせず、自由にさせておる。最近は、納屋に入り込んで寝てるらしい。おれ同様、庭のたまり水が好物だ。

 庭にも飽きたんで、そろそろ家に入るとするか。網戸はお手のもんだが、サッシ窓も少し開いてさえいれば、自力で入り込むくらいの腕力はあるぞ。

 テレビを見てたら、アメリカでは「マネキンチャレンジ」というのがはやってて、バスケットボールの試合の会場とかあちこちでやってるらしい。マネキンのようにピクリとも動かない様子を動画とかで公開して喜んでいる。ヒラリーという人も何日か前にボン ジョヴィとかと一緒に飛行機の中でやったようだ。この時点では余裕があったんだニャ。

 人間界では今頃やってるが、猫はとっくに、「夜の集会」という形でマネキンチャレンジみたいなことをやってきてるぞ。遅いぞ、人間ども。

 おれもきょうは、このブログかそろそろ失礼するぞ。爪を研ぎまくって一大事あった時に備える。

 トランプ氏が大統領になるとアメリカはアジアから身を退いて、日本も自分の身は自分で守る時代に入るかもしれん、と誰か言ってた。それはともかく、おれはいつも備えを怠らんぞ。

※情報は2016.11.14時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢7歳くらい。オス(去勢済み)。多分アメショーも交じった雑種。グレーっぽい縞模様。5歳くらいの時に、福岡市の飼い主の家にチャッカリ上がり込んで、飼い猫になる。人間には甘えるが、他の猫には基本キビシイ。よく喧嘩してケガをする。首が太い。世の中を斜めに見る自由猫(じん)。好きなかつお節のメッカが舞台の紀貫之の「土佐日記」に刺激を受け、ブログを始める。32歳まで生きることが目標。

関連タグ

この記事もおすすめ