“不可能”と言われたインプラント治療を可能にする「GBR法」【教えて!インプラント vol.4】

デンタルチームジャパンの医師が、治療方法や病院の選び方など全4回に渡って 「インプラント」のすべてをお教えします!今回の質問は、【“不可能”と言われたインプラント治療を可能にするには?です。

Q.インプラント治療、できないと言われてしまいました。

A.骨が少ない場合、処置が複雑になるため断られるケースがあります。ところがGBR(骨誘導再生)法なら可能。しかし、これができるのは確かな技術を持つ歯科医院だけなのです。

歯が抜けてしまったり歯の病気が原因で周りにある「歯槽骨(しそうこつ)」が減っていたりすると、インプラントを埋め込むために必要な骨の量が足りない場合があります。

しかし、あきらめてはいけません。骨がなくなってしまった部位に人工骨や自分の骨を移植して骨の再生を促す「GBR法」を使えばそんな悩みは吹き飛びます。一般的には4~6カ月程度で骨が再生されるので、その後インプラントがしっかり固定されたら人口歯を装着して完成です。

この治療は十分な設備と確かな技術を持っていなければ成り立ちません。デンタルチームジャパンの確かな技術と設備、安心してご来院ください。

 

●解説

デンタルチームジャパン 院長 古賀秀俊先生

IA日本インプラント協会指導医・認定医であり、デンタルチームジャパンの院長を務める。

 

デンタルチームジャパン

住所/福岡市博多区博多駅前3丁目-30-15 ライオンズマンション博多第15 大京ビル2F

フリーダイヤル/0120-24-1818

電話番号/092-483-4618(9:00〜19:00)

※情報は2016.11.28時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ