頑張れない、優しくなれない、笑顔になれない…どん底で見つけた光 vol.18

夫のりひさへ

急に寒くなってきましたね。クリスマスのケーキはどれにしようかな?サンタさんに何をお願いしようかな♪息子がソワソワする季節がやってきました。

私も、息子の将来はとても不安です。私たちがいなくなったらこの子はどうなるの?と考えたことは何度もあります。ただ私はまだ、息子の『今』の方が心配なのかもしれません。

今日の服装はちょっと寒かったかな?

友だちの話が聞き取れなかった時、どうやって過ごしてるかな?仲間に入れてるかな…

入学して8ヵ月、やっと笑顔で元気に学校に通えるようになってきたけど、親に言えない悩みはないかな?

と、こんな風に私の頭の中は、『今』現在でいっぱいなわけです。

前回のあなたの日記を読み、思うこと、考えることはたくさんありましたが、私が、”今” 心配なのはあなたの将来のことです。芸人の妻になり9年経ち、レギュラー番組が終わることも、仕事がどんどん減っていくことも、慣れているつもりでいました。今までは、なんとかなるさ!で、やってこれていたように思います。

しかし、だんだんとオフ(休み)の日が増えていき、アルバイトに行く日も少なくなり、私が朝バタバタと準備をして仕事に出かけようとするときに、あなたは息子を学校に送って帰ってきたその足で冷蔵庫へ向かい、ビールの缶をプシュッと開け、それを飲みながらゲームを始め、そして寝室へと消えていく日がたまにありました。

そんな日に、仕事を終えて帰宅して私が見る風景は、何ひとつ変わっていない散らかった部屋と、キッチンに置かれた缶ビールの空き缶。私は、『お腹すいた、お腹すいた。』という息子に、『もう、待って!もうちょっとでご飯できるから!』とイライラした口調で伝えることも増えました。

こんな状況に、こんな毎日に、だんだん納得ができなくなってきた私は、”私が仕事に行く朝は、ビールを飲んで寝るのはやめてほしい。家にいるなら、ひとつでも何か家事をやってほしい。”と、あなたに伝えました。

毎日毎日こんな風ではないのはわかってます。洗濯物を畳んだり、洗い物をして片づけてくれたりと、家事の分担は以前から取り組んでくれていたことは、いつも感謝していました。でも、たまに何もせず寝てる日のことばかりが私の頭に残っていき、ついに、ある時、私の中の何かが、音をたてて崩れたのです。

休みの日に、あなたは何をやってるんだろうか?これからどうやって生活していくつもりなんだろうか?私が働くからいいや、と思って寝てるんだろうか?私だってゆっくり寝たいんだよっ!

普段は思うままに怒って、怒りをぶつける私が、ある日、あなたとの小さなやり取りの行き違いで、突然涙が溢れました。怒る気力が、急になくなってしまったのです。

『申し訳ないけど、私は、これ以上頑張れる自信はない。』

泣きながら伝えました。

何をどう頑張っていけばいいかわからない。頑張れば頑張るほど虚しい気持ちになる。私は、必死に頭の中を整理しましたが、どこにぶつけていいかもわからないこの状況に、ストレスが急激に溜まり、コップを流しに投げつけました。

殺してしまうかもしれない…

大げさに思うかもしれませんが、パニックになったあの時、私は、本当にこの気持ちで震えが止まりませんでした。

1 / 3

関連タグ

この記事もおすすめ