もっと!ボクシング試合観戦のススメ

あっという間の1年。

そう、ほぼ1年ぶりのプロボクサー・絢香選手の取材です

 

 

佐藤絢香選手「KOで勝ちたい!」

 

 

 

12月18日(日)、九電記念体育館(福岡市中央区)で

WBC女子世界ミニフライ級タイトルマッチが行われます。

これは、絢香選手が所属するYuKOフィットネスボクシングジム主催の、

「YuKO FIGHTING SPIRIT Success Story Step4」のメインイベント。

同ジム所属の黒木優子選手のV5がかかっています。

 

もちろん、SPO×JOが応援する佐藤絢香選手も出場。

1年前、同じ大会で若狭与志枝選手(花形ジム・東京)に

TKO(テクニカル・ノック・アウト)負けしてしまいました。

あれから1年。絢香選手はその後、さまざまな試合に挑戦し、

心身共に強く、たくましくなっていました。

 

 

 

この1年で克服してきたことを見せる機会

 

絢香選手がボクシングを始めたのは、

一般的なアラサ―女子と同様にダイエット目的のボクササイズがきっかけ。

それが、ジムの方々から薦められてプロ試験を受け、合格し、

現在、学校の教師をしながらプロボクサーを続けているのです。

 

 

ジムを訪れたとき、絢香選手はリングの上で最後のスパーリング中。

なんだか以前より動きがしなやかになっているみたい。

それにやっぱり試合直前だから、スリムになっている…

「1カ月で5kg減量しました。あと1kgは減らさないと」

スパーを終えた絢香選手は、そう話しました。

 

たとえボクシング選手が過酷で、自分とはかけ離れた存在だとしても、

体重の減らし方をぜひ教えてほしいと思うのが乙女心。

「朝昼晩、食べてますよ。野菜スープや豆乳が中心ですけど」。

その食生活で、仕事をして、仕事の後は毎晩試合に向けて練習。

…まあ、一般女子にはあまり参考になりませんね、やっぱり。

 

昨年の大会からの課題は?

「けがを治すことでした。そして、バランスや体の柔らかさを磨きました」

と絢香選手。

以前は一回一回途切れていたパンチのつながりや回転が、

意識して打つことで、動きがスムーズでスピーディーになったそうです。

 

取材の日は、大会のちょうど1週間前。

試合直前にはどのようなことを練習するのだろう?

「ここまで練習してきた動きの確認ですね」

という答え。

普段から、パンチをコンパクトに打つよう心掛けてきたという絢香選手。

相手選手と自分との距離が遠ければ、パンチに体重を乗せやすく、

重く強くダメージを与えられるそうです。

しかし、近い距離でも強いパンチを打つためには、

上手に体重を乗せなければならないと言います。

 

 

また、パンチを繰り出しながら優位な立ち位置への移動も、

実戦で生かしたい動きだとか。

「とにかく、この1年で克服してきたことを見せて勝ちたい」

強い決意を語ってくれました。

 

 

 

理由を探しながらボクシングを続けている

 

今年でプロ4年目。

「この1年で環境の変化があって、ボクシングスタイルも変えました」

と話す絢香さん。最初はその変化になかなか対応できず、

精神的にも、肉体的にも、かなり辛かったそうです。

 

ところがスタイルが変わると、さまざまな発見があったとか。

「これまで、やりたいけどやれてなかった部分に気付いて、

これからの自分の“伸びしろ”のようなものが見えてきました。

それを埋めるまではボクシングをやろう、と改めて思いました」

 

日常的に自分を甘やかしている私としては、

そう熱く語る絢香さんに、やっぱりこの質問をしたくなるのでした。

 

「なんのためにボクシングを続けるんですか? だってきついじゃないですか」

 

 

1週間後に試合に挑もうという選手に、こんな質問…すいません。

でも、もともとボクシングを目指していたわけでもない女性が、

働きながらプロボクサーを続けるなんて、辛いし、難しいに違いないから。

 

率直に質問した私に、絢香さんは「あはは…」と笑って、

「なんでですかね。理由を探しながらやってる、というのが正しいかも」

とこれまた率直に答えてくれました。

なんだか余裕を感じました。

 

ボクシングには深くて面白い部分があるそうです。

対戦相手とのちょっとした駆け引きや、リズム、

体の位置や一歩の踏み出しなど少しの差で、

勝負の結果が変わってしまう。

腕力の強い人だけが勝つわけじゃないことが、

絢香さんを捉えて離さない魅力のようです。

 

 

 

勝ってB級へ上がる節目の一戦に 

 

1年ぶりの取材でも、やっぱり変わらずハンサムウーマンの絢香さん。

さて、この大会に懸ける思いは?

「やっぱり所属ジムが主催する試合なので、

知ってる人もいっぱい来るんですよね。

だから絶対に勝ちたいですね…それに」

 

それに?

 

「実は今年、学校で高校3年生のクラスを担当していて、

いま、少しずつ大学などへの合格の知らせが届いているんです。

私が勝って、みんなの景気づけになるといいな、と思います」

と先生らしい一面も。

もう一つ、絢香選手がこの試合に絶対に勝ちたい理由が。

「勝って、B級に上がりたいですね」

 

 

絢香選手は現在、プロボクサーライセンスのC級ボクサー。

C級では試合も4回戦まで、B級に上がれば6回戦、

A級では8回戦と増えていきます。

C級ボクサーは、4勝挙げればB級にランクアップできるそう。

絢香さんはあと1勝でB級に上がれます。

これは節目の一戦です。

 

対戦相手はタイ人であること以外、ほとんど情報がありません。

でも、絢香選手は不安など感じていない様子。

「KOで勝ちたいですね。

そのためには、自分の気持ちを盛り上げながらも、

相手を見ながら冷静に動かないといけないですね」

 

絢香選手、もう、期待が高まりすぎて仕方なかったです。

きっと勝利の女神が微笑んでくれることでしょう!!!

 

ぜひ、絢香選手を、そして黒木優子選手を、応援に行ってほしい!!!

 

 

 

 

WBC女子世界ミニフライ級タイトルマッチ10回戦

YuKO FIGHTING SPIRIT Success Story Step4

 2016年12月18日(日) 13:30開場/14:00試合開始

九電記念体育館

チケット料金=自由席1F6000円(当日7000円)/2F3000円(当日4000円)、指定席A席20000円/B席10000円

問い合わせ=ユーケーオーフィットネスボクシングジム ☎092-409-8455

 

 

※情報は2016.12.16時点のものです

YuKOフィットネスボクシングジム

住所福岡市博多区博多駅南2-16-10
TEL092-409-8455
URLhttp://yukofbg.com/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ