東京と福岡 遠く離れたふたりをつなぐ感動体験を 「SYNC DINNER」

クリスマスに、遠く離れたふたりの心と心をつなぐ感動のプレゼントを―。

KDDI株式会社と株式会社「ひらまつ」が提供する、離れた二人がまるでひとつの空間にいるかのような体験ができる特別なクリスマスディナー「SYNC DINNER 特別コース」。2014年から東京と大阪の離れた二人をつないできた「SYNC DINNER」が、今年は東京と福岡に離れた二人の間で提供されました。

「SYNC DINNER」とは

特別なモニターと、インタラクティブテクノロジーにより、離れたふたりが本当に同じ空間にいるかのような体験を実現。モニター全面のカメラキットにはモーションセンサーや風圧検知センサーを内蔵し、体験者の映像に加え吹きかける息までも東京・福岡間約900kmの距離を越えて送信できる。

今回、「SYNC DINNER」を体験したのは、福岡県久留米市在住の中川美由紀さんと、長男で東京在住の雅俊さん。互いに仕事が忙しく、3年半近くゆっくり会う機会がなかった親子が、「SYNC DINNER」によってクリスマスの特別なディナータイムを楽しみました。

福岡市・天神の「リストランテ ASO 天神」で待つ美由紀さんの前には、東京・銀座の「アルジェント ASO」にいる雅俊さんの映像が写っています。まるでその場に一緒にいるかのような雰囲気で、「元気にしてた?」「元気だよ」と会話が弾みます。シャンパンが注がれたグラスをセンサーに向けて合わせると、グラスが合わさる音が出て「乾杯」!

料理は、「思いやり」をテーマにシェフが特別に作り上げたメニュー。お互いが住む街を身近に感じてもらえるよう、福岡では東京の素材、東京では福岡の素材が提供されるなど、食材選びにもこだわっていました。

クリスマスケーキも用意され、ろうそくに火がともされます。

センサーに向けてろうそくの火を吹き消すと・・・

消えた!

驚きの表情です。福岡と東京に離れているのに、こんなにリアルな体験ができると、本当に同じ空間にいるような気がします。

また、二人は、事前にメッセージカードを書いていたのですが、

このカードが、スペシャルでザートになって届くサービスもありました。

なかなか会えない二人が、すぐそばにいるような感覚で同じ時間を過ごせるひととき。

中川さん親子にとって、特別なクリスマスとなったようです。

そして、雅俊さんからは、サプライズで航空券のプレゼントも。「自分がなかなか帰れないから、お母さんに来てもらってもいいですか」と照れた表情を浮かべて話す雅俊さんに、美由紀さんは目に涙を浮かべて「こんなことしてもらったのは初めて。びっくりした。東京に行くのは10年振りで、すごく嬉しい」と仰っていました。

特設サイト:http://connect.kddi.com/sync/dinner/

※情報は2016.12.26時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ