”合格”キットカットをあげよう【落ちない猫のサ日記】

 以前博多駅前の陥没した道路に面していて、”落ちなかった”セブンイレブンのことを書いた。その時に飼い主Jがそのセブンでキットカット(3枚入り)の10個セットを箱買いした。

 

 これですニャ。

 受験生を持つ同僚に2枚分けてまだ沢山ある。Jはチョコレートのたべ過ぎで太っているから、おれの判断で残りのうち5枚をサ日記読者様5名様にあげてしまおうではニャイか。

 原則受験生もしくは受験生の家族など、とにかく何かに「落ちたくない」人に限定して応募していただきますニャ。※〆切は22日(水)。抽選で5名の方に送ります。

 ご希望の方は、メールで、件名に「キットカット希望」とお書きのうえ、本文に①郵便番号 住所 ②氏名 ③電話番号 ④「落ちたくないこと」(例:高校受験、保育園抽選・・・) それから、サ日記に上げてもいい人はコメントや愛猫の写真も付けてくださいませニャ。

 ⇒ メール送信先はこちら n-toei@nishinippon-np.jp

 お待ちしてますニャン。

 最近めっきり甘えんぼになったといわれるおれは、飼い主のおなかの上から離れたくニャイ。ここは、きわめて安全な場所だ。

 たまにはサ日記執筆などのため、テーブルの上にも上がるが、「落ちないように」注意深く足元を確かめて下りる。

 こんなふうにニャ。

 落ちない。落語家は落ちなきゃだめだ。

  再び甘えのポーズ。今週末の福岡は、久々に最初っから、晴れの予報。

 おれは、外出できんから関係ニャイ。すねておるわい。

  では、キットカットへの応募、たのしみに待ってるからニャ。

 

 

 

 

 

※情報は2017.2.17時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ