筥崎宮内に屋台?! シメのラーメンも人気の焼鳥屋「花山」

創業50年以上の名店の秘密に迫る企画【老舗探訪】。

今回は、創業63年、筥崎宮内にある屋台「花山」をご紹介します。

筥崎宮内に屋台?!花田+栗山で「花山」

筥崎宮の敷地内にある屋台…

創業は1953(昭和28)年。魚屋を営んでいた花田真夫さんが両親とケンカして焼鳥屋に転身したのがはじまりです。婿養子に入った真夫さんの栗山姓と奥様の花田姓を掛け合わせ、屋号は「花山」となりました。

屋台が並ぶ宮前の通りは「ロマン座」と呼ばれ、連日大にぎわい。その後、中学時代から手伝いをしていた息子の博之さんが18歳で店を任され、母と姉とで切り盛りしました。

 

名物は「シロ」、シメにはラーメン

福岡で焼鳥といえば「豚バラ」だが、「花山」の名物は白くて独特の食感がある豚の腸「シロ」。皮と果汁たっぷりの自家製「ゆずダレ」がよく合います。

昔からある定番の串に加え、燻製メニューなど博之さんオリジナルの串や単品料理も提供。シメのトンコツラーメンは、近所の「赤のれん」の味を研究したといいます。

創業当時を知る数十年来の常連客も現在の「花山」を温かく見守っています。

 

老舗のひとこと

串物も料理で使う調味料も、自分で作る喜びを毎日感じています。おいしい食べ物をお客さまに届けるために工夫を続けることが大切ですね。

2代目 花田博之さん

《花山》

福岡市東区箱崎1-44

TEL/090-3320-3293

営業時間/17:30~翌1:00、日曜12:00~24:00

店休日/月

 

※情報は2016.11.10時点のものです

花山

住所福岡市東区箱崎1-44
TEL090-3320-3293

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ