ステージイベントも見逃せないモン!~あす15日(土)も、福岡市役所前でくまもと観光物産展~

 昨年、大変な被害をもたらした熊本地震発生から1年が経ちました。

 いまだ復興に向けて、多くの方が日々一所懸命汗を流し、知恵を絞り苦闘されています。

 現地に出向きボランティアなどでお手伝いをされた方も沢山いらっしゃいます。一方で、事情により熊本に行くことがかなわない方も少なくないと思います。

 熊本県福岡事務所が音頭を取り、本日14日からあさって16日(日)まで、福岡市役所西側ふれあい広場(福岡市中央区天神1-8-1)では、「くまもと観光物産展」が開催されてます。

 ご当地熊本の新鮮な農産物の販売やご当地グルメの実演販売など盛りだくさんの内容が展開されます。

 熊本の観光情報を仕入れ、旅行で足を伸ばしたり、地元の物産を購入することも、復興支援の一つのあり方です。お天気も良さそうなこの週末、福岡の方、福岡に来られる方は、是非イベントに参加され、熊本の復興に向けた確かな息づかいを感じてみてはいかがでしょうか。

 とくに、あした土曜日は、ステージイベントのスケジュールがビッシリです。

 10:30~ 福岡銀行吹奏楽団

 11:15~ ダン石田とニューブリッコ

 12:00~ 菊池市非公認キャラ「きくちくん」ステージ

 13:00~ カバーソウル

 14:30~ 「きくちくん」ステージ

 15:00~ シンガーソングライター れーな

 16:00~ The Folkees

 17:30~ チキンナゲッツ

 19:30~ POI LABによる最先端ポイアート

盛りだくさんです。

 初めて聞くお名前も多いと思いますが、その中から「カバーソウル」について説明します。

 

 ビートルズの1965年発売のアルバムに「ラバー・ソウル」があります。「ミッシェル」「イン・マイ・ライフ」「ひとりぼっちのあいつ」などの有名曲が収録された、当時としては斬新な曲調が多い野心作です。このアルバムへのリスペクトを示したバンド名が、「カバーソウル」。

 昨年6月の熊本震災復興イベントにも登場、そのビートルズから斎藤和義、スガシカオなど多彩なカバー曲を、アマチュアとは思えない高い技術で演奏しました。

 今回は、新メンバーも入ると聞いてます。どんな曲を演奏されるか興味津々です。

 他にも、地元出身のミュージシャンやゆるキャラが熊本を盛り上げるために、精一杯のパフォーマンスを繰り広げることでしょう。

 何かとおいしい熊本のグルメもいろいろ出展。

 1杯200円の特別価格のザ・プレミアム・モルツもついついイケ過ぎちゃうこと間違いなしです。

 もちろん、熊本県のブースで「くまもと情報」をしっかり収集することもお忘れなきように!

 お待ちしてまぁ~す。

※情報は2017.4.14時点のものです

この記事もおすすめ