元ジュディマリのTAKUYAさん「福岡をアジア音楽のハブにする」

2015年4月、世界的なスタートアップイベントSLUSH ASIAが東京で開催されました。そこで、2001年に惜しまれつつ解散した伝説のバンド「JUDY AND MARY」のギタリストTAKUYAさんが「福岡に世界最高音質のスタジオを建て、アジア音楽のハブにする」構想を発表。なぜ福岡に?どんなスタジオ?いろいろな憶測が飛ぶ中、構想実現に向けた期待の声が日に日に高まっています。TAKUYAさんが考える世界最高音質のスタジオと現在の進捗状況について、直接ご本人にお話を伺いました。

SLUSH ASIAで”福岡スタジオ構想“を発表したTAKUYAさん

SLUSH ASIAで”福岡スタジオ構想“を発表したTAKUYAさん

-構想が生まれたきっかけは。

構想自体は以前からあったのですが、率直に言えば、東京で音楽を制作するのはコストが高すぎるんです。レコーディングスタジオ代、レンタル機材費、エンジニア代、外部ミュージシャンを依頼した際のギャラや生活費など、東京はどれをとってもコストがかかる。音楽関係者の中でも「もう東京じゃないよね」といった声が聞かれ始めていました。

-福岡を選ばれた理由は?

いろいろ候補地はあったのですが、福岡が一番条件が揃っていた。名古屋や大阪は東京と同じく大都市だし、神戸も土地代が高い。京都や広島は空港から遠いし…。札幌も考えましたが、東日本は西日本より周波数が低い(東日本:100V 50hz、西日本:100V 60hz)。録音機材やアンプを動かす上で周波数は重要な問題です。単純に言えば、時給1200円のバイトか、1000円のバイトかってくらい違う(笑)。それで、西日本で、空港から都心への距離が近く、アジアに近い福岡が最適だと思いました。海外の都市も考えましたが、機材のメンテナンスの問題などもある。どの都市と比べても、福岡が最も適した都市だったんです。

SONY DSC

-スタジオ構想はどのくらい進みましたか?

SLUSH ASIAで発表以降、いろいろな方に声をかけられ、具体的な話として進んでいます。早ければ来年度中に完成すると思います。

-どんなスタジオになるんですか?

音楽制作を行うスタジオを中心に、ライブハウスやカフェ、宿泊施設なども併設した音楽カルチャーの発信拠点となるような施設にしたいと思っています。日本のアーティストはもちろん、アジアのアーティストたちも利用しやすいよう、多言語対応ももちろん行います。機材はヴィンテージから最新のものまで用意。今までにないスタジオになると思います。

-福岡がアジアの音楽拠点になるなんてワクワクします。

福岡はこれまで多くのミュージシャンを輩出しているし、他地域に比べても音楽を楽しむ文化があると思っています。スタジオが実現したら、国内外の一流アーティストたちが福岡にやってくる。いままで福岡から東京や世界を目指していたミュージシャンたちは、地元で思いっきり活動できる。アジア音楽ビジネスのハブとなるミュージックスタジオを福岡に!日本だけでなく世界中のアーティストが集まる音楽の聖地・福岡にしたいと思っています。

 

※情報は2016.2.13時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ