「“ブリジョ”福岡アンバサダー」のIKKOさんにインタビュー!

崖っぷち女の本音を描き、女子の共感を呼んだ人気シリーズ『ブリジット・ジョーンズの日記』の最新作が公開。「“ブリジョ”福岡アンバサダー」のIKKOさんにブリジットのようなモテ期を呼ぶ女になるコツを聞きました。

IKKOさん

ブリジット、魅力的な女性ですね。

彼女が素敵なのは、何があっても逃げずに戦うところよね。巷では「ブリジットは劣化してしまった」なんて言われているけど、そんなの無視無視! 自分が幸せならいつか輝くことができると信じている女性はいくつになってもとっても魅力的よ。私も彼女みたいに何でもプラスに考えて生きていきたいわ。

 

幸せになる女性の秘訣は?

自分磨きを怠らないこと、これに尽きます。「上司が嫌」「同僚が苦手」そんなマイナスなことばかり言っていないかしら? 負の感情は体の免疫力を低下させるから気をつけて。福岡は女性に対して男性の数が少ないから結婚しにくいなんて言われているけど、絶対数は関係ないの。もしあなたが「結婚できない」と思っているのなら、きっとほかにやりたいことがあるはずよ。自分がそういう気持ちになったときに結婚も恋愛も訪れてくると思う。そのときがくるまでに努力をするのはすごく大事なことよ。私は、今は恋愛より仕事が楽しいときね。

 

映画を見た女性に送る格言を。

「拈華微笑」ですね。言葉がなくても心と心が通い合っているという禅語です。男とか女とか関係なしに人間関係の絆を作っていくうえでとても大切なことだと思います。この映画に出てくる3人は心が通じ合っている感じがしたのよね。みんなそんな人に出会えたらいいわね。愛を込めて。IKKOでした。

18日に開催されたトークショーも大盛り上がりでした!

18日に開催されたトークショーも大盛り上がりでした!

 

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』 10/29(土)公開

【あらすじ】

アラフォーになっても独り身のブリジットは相変わらず仕事に没頭。恋はしばらく休み、友人との時間を大切に過ごしていた。ところが目の前にイケメンIT起業家のジャックが現れ、元彼のマークとも運命の再開を果たし、挙句どちらの子かわからないベイビーを妊娠!?

 

©Universal Pictures

【配給】東宝東和

 

Profile

IKKO/1962年1月20日生まれ。福岡県出身。カリスマ美容家として海外でも活動の場を広げている。

 

※情報は2016.10.27時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ