地域を盛り上げる「大根マン」!その正体は…!?

真っ青な全身スーツに、両手には大根…その名も「大根マン」。 2年ほど前からイベントなどに登場し、観衆をざわつかせているその正体は?

正体は銀行員!?

「大根マン」誕生のきっかけは、2015年11月、福岡市で始まった「アイランドシティリレーマラソン」。リレーに参加した某銀行の行員が「東京農業大学の名物『大根踊り』のような応援をしよう!」と変身(?)したのが始まりです。

全身タイツのブルーは、コーポレートカラーから。お察しの通り、大根マンの正体は福岡銀行の行員です。

【Before】

福岡銀行 小柳 満寛さん

↓ 

【After】

大根マン

 

くまモン公認のゆるキャラ!?

昨年6月に福岡市で開催された熊本県の観光物産展にも登場した「大根マン」。震災復興支援のために熱演する様子がくまモンの胸を打ち、銀行内では非公認ながら、熊本県からは“公認キャラ”としてお墨付きをもらったそうです。

「行員としても大根マンとしても”あなたのいちばんに。”なるような存在を目指したい」と小柳さん。今後のさらなる活躍に注目です!

「大根マン」を見つけた時には、ぜひ声をかけてあげてください!

※情報は2017.3.27時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ