「福岡レインボー映画祭」福岡市で11/5(土)開催

映画を通じて性的マイノリティの存在を広く知ってもらい、豊かな多様性を持つ社会づくりに繋げていきたいという願いのもと、福岡LGBT支援団体、NPO法人「Rainbow Soup」が11月5日(土)、単独では福岡初となるレインボー映画祭「Fukuoka Rainbow Film Festival」を福岡市中央区港のファクトリー・アンベルシュで開催します。

※LGBTとは、L=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシャル、T=トランスジェンダーの頭文字を取った言葉で、セクシャルマイノリティの総称として世界に流通しています。また、レインボーは、LGBTを象徴・祝福するカラーとして、世界中で使われています。

当日は、LGBTをテーマとした4本(短編集2本含む)の映画作品を上映。上映終了後は、女装パフォーマーのブルボンヌさんと、特定非営利活動法人 虹色ダイバーシティ代表の村木真紀さんによるトークショーも実施されます。

ブルボンヌさん

ブルボンヌさん

会場では、日本のLGBTをはじめとするセクシュアル・マイノリティにスポットライトを当て、市井の人々を含む多彩なポートレートを様々なフォトグラファーが撮影し、5年間で10,000人のギャラリーを目指すプロジェクト「OUT IN JAPAN」の写真展も同時開催されます。

※映画上映中はご覧いただけませんのでご注意ください。

翌日11月6日(日)は、福岡市博多区の冷泉公園で「九州レインボープライド」が開催されます。多様性に気づき、視野や世界が広がる機会に、ぜひご注目ください。

FUKUOKA RAINBOW FILM FESTIVAL

◆イベント概要

主催:NPO法人Rainbow Soup

協力:レインボー・リール東京/九州レインボープライド

開催日:2016年11月5日(土)

会場:FACTORY UNVELASHU (ファクトリー・アンベルシュ)

住所:福岡県福岡市中央区港3-4-25

料金:1プログラム1000円/1日通し券2500円(学割2000円)

タイムスケジュール

12:30 開場

13:00〜 ボーイ・ミーツ・ガール

15:00〜 短編作品集(スクール・デイズ、TSUYAKO/2本)

16:30〜 ゲイビー・ベイビー

18:00〜 トークショー(18:30終了予定)

※上映は短編作品を含む4作品となります。

Facebookページ:https://www.facebook.com/FukuokaRainbowFilmFes/

【アフターパーティ】

※映画プログラム終了後、同会場で開催します。

時間:19:00〜21:00

料金:3000円(軽食付)   

映画祭+アフターパーティ共通券5000円

ゲスト:ブルボンヌさん、DJ YUKKeさん

◆「レインボー映画祭 Fukuoka Rainbow Film Festival」及び、アフターパーティのお問い合わせ

NPO法人Rainbow Soup/ TEL 080-3228-4492(10:00〜18:00)

E-MAIL rainbowsoup.fukuoka@gmail.com

 

※情報は2016.10.25時点のものです

FACTORY UNVELASHU(ファクトリー・アンベルシュ)

住所福岡市中央区港3-4-25

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ