映画『DEATH NOTE』が10年ぶりに帰ってきた!

2006年、巧みな心理戦と驚きの結末で興行収入80億円を超えるヒットを記録した映画『DEATH NOTE』。10年の時を経て続編が絶賛公開中です。

(左から)東出昌大さん、池松壮亮さん

デスノートを消滅させるために奔走する捜査官・三島を演じる東出昌大さんとLの意思を引き継ぐ竜崎を演じた池松壮亮さんは「人気作品なのでプレッシャーはありましたが、満足してもらえる仕上がりになりました」と話していました。「演じながらアクションを変更したりセリフを変えたりと、みんなでつくりあげた作品です」と真剣な眼差しで語る東出さんが印象的でした。

 

『DEATH NOTE Light up the NEW world』 公開中

「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」…社会に衝撃を残した映画『DEATH NOTE』から10年。6冊のデスノートをめぐって主人公・三島創(東出昌大)、Lの後継者・竜崎(池松壮亮)らが奔走する。

【配給】ワーナー・ブラザース

©大場つぐみ・小畑健/集英社

©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

 

※情報は2016.11.10時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ