就活生のリアルが詰まった、佐藤健 主演映画「何者」公開中!

就職活動を通して自分が「何者」かを模索する大学生を描いた、直木賞受賞作『何者』が映画化。主演を務めた佐藤健さんの舞台挨拶では、ファンからの質問コーナーも。その一挙手一投足に会場中から甘いため息がこぼれました。

福岡には何度か来ているんですか?

来てますね。仕事もだけど、プライベートでもよく来ます。今年の夏も、友だちと一緒に「脱出ゲーム」をしに来たし……福岡は食べものがおいしいから大好きです。電車に乗って小倉までお寿司を食べに行きましたよ。

 

共演の有村架純ちゃんはどうでした?

作中でつけ麺を食べるシーンがあるんだけど、架純ちゃんはそのとき初めてつけ麺を食べたらしく、食べ方を教えてあげたなぁ。

 

好きな野菜を教えてください。

本当にそんなこと知りたいの(笑)? ブロッコリーとヤングコーンが俺の中でのツートップだね。食感もいいし、栄養もあるし彼らはすごいよ。あとは生で食べるニンジンも好きかな。基本的に野菜は全部好きです。

 

佐藤さん演じる拓人は分析が得意なので、拓人になって私を分析してください!何を言われても佐藤さんならうれしいです。

女性は感情で生きるって言われてるじゃない。だから今は「何言われてもいい」って思ってるかもしれないけど、きっと本当のことを言われたら怒るんだよ。だから、君はもっと自分を疑いなさい!

 

就活で自己PRするならどうする?

そういうの苦手だからこの道を歩んでるんだけど「物事を客観的に見ることができます」かな。役を演じるうえでもすごく大切だしね。

 

『何者』 公開中

就職活動の情報交換のために集まった性格や考え方が異なる5人の大学生。力を合わせて就活に向き合う中、彼らはそれぞれの思いや悩みをツイッターに投稿する。しかし、それはあくまで表の顔。やがて「内定者」が現れたときに見えてきた、隠されていた裏の顔とは―。

©2016映画『何者』製作委員会

【配給】東宝

 

Profile

佐藤 健

1989年生まれ。2015年にはTBSドラマ『天皇の料理番』で主演を務め、第24回橋田賞、第42回放送文化基金賞 演技賞を受賞している。

 

※情報は2016.11.11時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ