大人気の『ポケットモンスターサン・ムーン』どんなゲーム?

パッケージ

11月18日に発売されたゲームソフト『ポケットモンスターサン・ムーン』ですが、3日間で190.5万本を販売するほど人気なんだとか。

子どもから大人まで夢中にさせるポケモン。

果たしてどんなゲームなの?今までのシリーズとのちがいは?

そこで、さっそく『ポケットモンスターサン・ムーン』を入手したという福岡在住「通称ポケモンマスター」にやってみた感想を聞いてみました。

――今回のゲームの特色は?

〇今回のモチーフは、ハワイ

ポケットモンスターシリーズはモンスターをゲットし捕まえたポケモンでバトルしながら旅をする、という大まかな筋書きがあるのですが、地図におもしろい工夫があるそうです。

地図の向きを変えると実際の地域の地図と同じ形になっているそう。

ちなみに過去のポケットモンスターシリーズは
赤・緑バージョンは関東

金・銀バージョンは近畿

ルビー・サファイアは九州

ダイヤモンド・パールは北海道

ブラック・ホワイトはニューヨーク

X・Yはフランス。

そして今回のサン・ムーンはハワイだそうです。

この細やかな遊び心がワクワクさせられますね。

――まずやってみてどうですか?

〇チュートリアルが長い。「早く自由にしてくれ~~!」

最初に選べるポケモン3匹

最初に選べるポケモン3匹

 ポケットモンスターシリーズ定番の流れで、最初に3匹のポケモンから1匹を選んで旅を始めるのですが、今回のサンムーンは最初の説明がとにかく長い。最初のポケモンをもらうまでに1時間近くかかりました。
さらに行く先々で細かく説明があったり、ポケモンスクールは倒す順番があったり…今までのシリーズをやりこなしている人からすると「早く自由にしてくれ~~」って感じです。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ