【福岡県添田町】地域おこし協力隊員募集中!

野生鳥獣による農作物の被害は、減少傾向にあるものの、平成26年の福岡県の被害額は約8億9千万円で全国ワースト2位でした。
農業や自然保護において課題となっている鳥獣被害対策のため鹿や猪などの捕獲が重要課題となっていますが、その際に捕獲された鹿と猪の多くはそのまま廃棄処理されているのが現状です。

ここ、福岡県添田町でも、その被害は問題となっています。

日本の農業を守る。

その手法のひとつとして「ジビエ」に注目しているのが添田町です。

「ジビエ」とは、狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味します。ヨーロッパでは貴族の伝統料理として古くから食されてきました。 
この「ジビエ」を、近年増え続けている「鳥獣被害」の対策と掛け合わせ、地域おこし活動を行っているのが添田町です。

地方創生の分野でも脚光を浴びはじめる「ジビエ」。

そのジビエを活性化することで「鳥獣被害対策」と「シビエ」を主体とした農業の問題解決、そして自然保護に一緒に繋げていきませんか?

これらの分野であなたのアイデアを活かして町おこし、地域活性、ビジネス創造に協力してくださる仲間を募集しています。

添田町では専用の「食肉処理加工施設」を設け捕獲された野生動物を適正に処理しています。

 

農業の番人!

今回募集するのは全国でも珍しい新しい農業の支援策、「鳥獣被害対策」と「ジビエを活かす」お仕事です。地方創生の分野で今脚光を浴びつつある「ジビエ」の振興事業をぜひあなたの手で創出してください。

添田町ってどんなところ?

政令指定都市である福岡市と北九州市および大分県をつなぐ要に位置しながら英彦山を中心に国定公園の一角をなす豊かな自然に恵まれた地。

古代、縄文時代から人々が定住し、文化遺産も多く残された歴史的文化価値の高い町です。

また、住み続けたい人70%超!という町民調査結果がでており、長い歴史が築いた助け合い、支えあいの精神が特徴の町です。

 

どんなことをするの?

鳥獣対策支援の基本を一緒に行ってもらいます。初心者も大歓迎です!担当者が一から教えますので安心です。

さらに、捕獲した鳥獣の新たな活用法を企画してもらいます!

ジビエ料理、および商品の開発。さらにはジビエを活用したブランド化事業など。ジビエをテーマにしたイベントの開催などなど。

ジビエを活性化することで農業を一緒に守りませんか?

興味のある、やる気のある方は初心者でも大歓迎です。飲食店・サービス業経験者も大歓迎!もちろん女性も大歓迎!

 

特技を活かせる!?技能手当もあり

最大20,000円まで技能手当を支給いたします。

 

《同僚の声》

「獣は苦手!」という方もご安心ください。

狩猟道具の扱い方や捕獲した獣の解体方法といった技術的なこともプロがイチから丁寧に指導します。

ジビエ振興業務には危険が伴うこともありますが、添田町の農林業被害を減少させる仕事を通じて地元住民と触れ合う機会が多く、あなたにとって貴重な経験となること間違いなしです!

 

また添田町では一緒に添田町の農産物・加工品を一緒に盛り上げてくれる仲間も募集してます。

詳しくはこちらから!

 

 

ファミリーに優しい!充実した移住支援制度

その他支援制度も充実しています。

★子育て世代の移住を後押し! 若者定住住宅「そえだライフ」

★中学生まで入院・通院ともに無料に! 乳幼児・子ども医療費支給制度

★充実した子育て支援の情報も配信中! 子育てねっとそえだ 

ご家族での移住も大歓迎なんです!!

 

※情報は2016.10.31時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ