博多織の新作を披露する「博多織求評会」開催(11月11日~13日)

博多の代表的な工芸品である博多織。毎年恒例の博多織新作の品評会「第114回博多織求評会」が11月11日(金)から13日(日)まで、承天寺(福岡市博多区博多駅前1-29-9)で行われます。時間は午前10時から午後5時(最終日は同3時)まで。入場無料。

 博多織は、承天寺の創建者である聖一国師と共に中国・宋に渡った満田弥三右衛門が織物の技術を持ちかえったのが始まりとされています。

 会場では、展示の中から好きな新作博多帯の投票や、博多に伝わる茶道南坊流による野だてのもてなし(有料で抹茶や菓子の接待)など、日頃味わう事のできない体験できます。

 また11日午後1時半からと2時15分からは同本堂で博多芸妓による芸の技の披露が行われます。着物で来場すると、粗品をプレゼント! 投票に参加すると、抽選で博多帯や小物のプレゼントもあります。

最新の博多織の世界をのぞいてみては。

 

【博多織求評会 開催概要】

期間:2016年11月11日(金)~13日(日)

時間:11日(金)10:00~17:00、12日(土)10:00~17:00、13日(日)10:00~15:00

場所:萬松山 勅賜承天禅寺(博多区博多駅前1-29-9)

入場無料(きもの着用にて来場の方には粗品をプレゼント)

 問い合わせ:博多織工業組合 TEL:092-409-5162

 

 

※情報は2016.11.10時点のものです

博多織工業組合

TEL092-409-5162
URLhttp://hakataori.or.jp/

関連タグ

この記事もおすすめ