一度は行っておきたい!福岡の珍スポット・おもしろ観光名所まとめ【前編】

一度は行っておきたい!福岡の珍スポット・おもしろ観光名所をまとめてみました。

▲ 福岡には太宰府天満宮や柳川などいろいろな観光名所があります。

でもそれだけじゃない!!

他にもたくさんのおもしろスポットが存在しています。

普通の観光に飽きた人やちょっと変わったスポットに行ってみたい人向けに福岡の珍スポット・おもしろ観光名所をご紹介します。

15分で世界旅行気分!屋根のない博物館

▲ 中間駅近くにある「屋根のない博物館」。

世界の有名な石像を再現したものが遊歩道沿いにズラリとならびます。

▲ ひとつひとつのクオリティがやけに高く、逆にシュールさを引き立てています。

背後には普通の民家がありますし。

▲ この「屋根のない博物館」は中間市が観光名所になることを目指し、旧国鉄香月線の廃線跡を活用して平成元(1989)年に作られたものだそうです。

個人的にはかなりヒットな感じなのですが、観光名所になっているかというと・・・・どうでしょうか?

でも珍スポットとしては人気になりそうな気もします。

屋根のない博物館の住所:福岡県中間市中央2丁目5 周辺

志免鉱業所竪坑櫓

▲ 志免鉱業所竪坑櫓(しめこうぎょうしょたてこうやぐら)は おそらく福岡でもっとも有名な廃墟。

ネットや様々な雑誌等で取り上げられ、全国的にも知られるようになってきています。

Wikipediaの「志免鉱業所竪坑櫓」によると、

旧日本海軍や日本国有鉄道によって運営された「国営炭鉱」志免鉱業所の採炭夫を昇降させ、石炭を搬出するための施設である。

とのことで、要は、炭鉱用の巨大なエレベーターというイメージでしょうか。

1964年(昭和39年)に炭鉱が閉山となり、使われなくなったようです。

▲ 櫓の近くにある「ボタ山」も必見。

ボタ山とは炭鉱から掘り出された土や使い物にならない質の悪い石炭を積み上げてできた人工の山です。

▲ 遠くから見るとこんなに巨大!

過去の繁栄、エネルギー、活気、そんなものを感じることができる場所です。

志免鉱業所竪坑櫓の住所:福岡県糟屋郡志免町大字志免495-3

日本一めでたい「つるかめハウス」

▲ 「つるかめ便利屋」という建築関係の仕事をされている方の家、つるかめハウス。

住宅街でものすごい個性を放っています。

▲ 壁に亀が大量に装飾されています。黒を中心に白、金、銀などさまざま。

「つるかめハウス」と名付けられているものの、亀の比率が高すぎて、もはや「亀ハウス」といった印象。

亀仙人も腰を抜かすレベルのビックリハウスだ。

つるかめハウスの住所:福岡県大牟田市長溝町22−12

1 / 2

この記事もおすすめ