『吉例顔見世興行二日間』【新聞くんの旅】

新聞くんの旅、今回は「京都 先斗町歌舞練場 吉例顔見世興行」2日間の旅をご紹介します。

毎年恒例の顔見世興行。

今年は南座改装中のため先斗町歌舞練場で行われます。


南座よりコンパクトな造りなので役者さんとの距離感が近く、迫力ある舞台を楽しむことができます。

今回の旅では、三部構成の二部(1日目)と一部(2日目)を観賞します。

詳しくは西日本新聞旅行ホームページで http://www.nnpryoko.co.jp/tour/?p=12961

=旅程=
【1日目】
 博多駅8:00頃+++++++京都駅11:00頃=(貸切バス又は専用車)=昼食=
 =先斗町歌舞練場にて観賞(第二部)=南座見学(外観)=京都市内泊
【2日目】
 ホテル=先斗町歌舞練場にて観賞(第一部)=昼食=
 =京都駅16:00頃++++++++++博多18:30頃

中村雀右衛門

=演目=
【1日目】第二部
    菅原伝授手習鑑
第一、 車引(くるまびき)
第二、 夕霧 伊左衛門 廓文章(くるわぶんしょう)
        吉田屋
松岡 亮作
第三、 三升曲輪傘売(みますくるわのかさうり)

【2日目】第一部
    源平布引滝
第一、 実盛物語(さねもりものがたり)
   九郎助住家の場
   仮名手本忠臣蔵
第二、 道行旅路の嫁入(みちゆきたびじのよめいり)

市川海老蔵

市川海老蔵


坂田藤十郎

坂田藤十郎


片岡仁左衛門

片岡仁左衛門


片岡愛之助

片岡愛之助

【西日本新聞旅行】

※情報は2016.10.20時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ