台湾ダフ~ル♪(Taiwanderful)後編は台北と台中へ~珍国の女王~

台湾と言えば、誰もが必ず訪れる「九份」

台北から車で40分ほど行ったところにある九份は、19世紀末に金の採掘が始まり、栄えた町だ。

また二二八事件を取り上げた「非情城市」という映画の舞台でもあり、ただ単に「千と千尋の神隠し」の油屋に似ていると話題になっただけでなく、詳しく調べてみると、様々な歴史的背景があり興味が湧く。

九份へは自力で電車とバスで行けないこともないが、今回はツアーに参加した。

往復のバス、九份での夕食、九份観光の後は台北で2番目に大きな夜市見学で1,400元(日本円で約4,200円)はかなりお得。

特に台北の夏は驚くほど蒸し暑い。女王の台湾滞在中(今年7月末)には熱中症で死者が出たほど。

夜になっても一向に気温が下がる気配がない。クーラー完備の大型バスは有り難い。

日本語が上手な現地ガイドのジョークを交えた話を聞きながら、あっという間に到着。

夕焼けに照らされたノスタルジックな光景はいつまでも見ていたい。

夕焼けに照らされたノスタルジックな光景はいつまでも見ていたい。

 

金の採掘が始まり、特に日本の統治時代には最盛期を迎えていたとか。

金の採掘が始まり、特に日本の統治時代には最盛期を迎えていたとか。

赤提灯と石畳、ノスタルジックな雰囲気は良いが、人混みは覚悟。

7月に参加した日本人ツアーは大型バス6台。それでも少ない方だとか。

今年のピークは17台・・・1回のツアーで約500人の参加となる。

もちろん九份へ来る観光客は日本人だけではない。世界中から集まるため、その混雑具合といったら尋常ではない・・・。

人混みを掻き分けるのに一苦労。

人混みを掻き分けるのに一苦労。

それでも、意地で同行者お勧めのお団子は買った。

並んで買ったお団子は、モチモチしていて、中に小豆餡がたっぷりで美味しい!

並んで買ったお団子は、モチモチしていて、中に小豆餡がたっぷりで美味しい!

九份を満喫した後は、台北で2番目に大きいという夜市へ立ち寄ってくれる。

ここでも目的はただひとつ!胡椒餅を買うこと。

とにかく、ここも人、人、人~!

とにかく、ここも人、人、人~!

胡椒餅とはその名の通り、強烈な胡椒味の肉まん。とても美味しい!!

胡椒餅とはその名の通り、強烈な胡椒味の肉まん。とても美味しい!!

このような感じで台湾1日目からひたすら食べまくる日々がスタートしたのだ。

前回の記事で紹介したように、2日目は新幹線で台南へ行き、マンゴー三昧。

※前回の記事→http://fanfunfukuoka.com/travel/60186/

2日目、マンゴー狩りを終え、台北に戻る途中に新幹線を途中下車し台中に寄った。台中在住の友人に会うためだ。

友人の名は王さん。

なんと出会いはアフリカのコートジボワールのホテルで!!!

ホテルレストランの朝食バイキングのシステムが分からず戸惑っているときに日本語で話しかけてくれたのだ。

滞在中はホテルのレストランで何度も一緒になり、神奈川の大学に留学していたという王さんと日本語で会話が盛り上がった。

台湾で製麺機製造の会社を経営している王さんは、コートジボワールを拠点に西アフリカ諸国に製麺機を普及させるために、ビジネスで来ていた。

そして翌月、再度コートジボワールを訪れた時にまた同じホテルで会ったのだ!!!

二カ月連続で同じタイミングで同じホテルで出会ったことに、この上ないご縁を感じた。

コートジボワールで王さん(右から2番目)と従業員の方々。一番右の男性はフランス語も堪能。

コートジボワールで王さん(右から2番目)と従業員の方々。一番右の男性はフランス語も堪能。

出会いは2011年。

Facebookですぐ繋がり、ずっと切れずに「いいね!」などのやりとりをしてきた。

王さんが日本に来ていてもタイミングが合わず、こちらもなかなか台湾を訪れる機会もなく月日が流れ、やっと今年の夏にタイミングが合った。

会ったのはこの時で3回目の私と初対面の友人ふたりを、駅で奥様と温かく迎えてくれた。

王さんが運転する車に乗り込み「どこに行きたいですか?」と聞かれたので、迷わず(遠慮することなく・・・)図々しさを発揮し、友人から「訪れるといいよ」と教えてもらった

「宮原眼科」へ。

※宮原眼科について→http://www.taipeinavi.com/food/751/ 

宮原眼科は日本統治時代の1927年に医師である宮原武熊氏が台中駅の真ん前に「宮原眼科」を開院した。戦後、宮原医師は日本へ帰国し、しばらくは「衛生院」として利用されていたが、後に閉鎖、数十年の間は廃墟同然の建物だった。

しかし、100年以上の歴史がある立派な赤レンガ造りの建物を、台中の有名菓子メーカー日出グループがリノベーションし現在のようなロマンティックな建物に様変わりした。

表はまだ当時の姿がそのまま残るが・・・

表はまだ当時の姿がそのまま残るが・・・

 

店内は驚くほどゴージャスで重厚でお洒落だ。ハリーポッターの世界と表現する人も。

店内は驚くほどゴージャスで重厚でお洒落だ。ハリーポッターの世界と表現する人も。

 

日出グループのイメージ一新でパッケージもとてもキュート♡

日出グループのイメージ一新でパッケージもとてもキュート♡

 

2Fのレストランでは食事ができる。

2Fのレストランでは食事ができる。

 

何もかもがおしゃれで洗練されている。

何もかもがおしゃれで洗練されている。

 

日本語メニューもある。

日本語メニューもある。

王さん夫妻も味付けが良いと絶賛だったレストラン。

これでもかっていうくらい、台湾料理を堪能したのに、斜め前でセレブなお姉さま方ご一行様が食べていた巨大パフェに目が釘付。王さん夫妻も私たちもお腹がいっぱいでも、心は

「あれ、頼むしかないよね~」

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ