記事/広告 入稿規定について

・入稿のデータ形式は、配置画像を含むEPS形式の原稿データ、原稿確認用PDF、入稿確認書データの3種類を1フォルダに格納して、配置した画像の元ファイルは添付しないこと。
(配置画像はすべて埋め込みすること)

・トンボ、注釈、孤立点、ガイドラインなど原稿以外の不要なオブジェクトは取り除く。

・規定の広告枠サイズを確認した上で、原稿データにクリッピングマスク処理をすること。

・すべてのオブジェクトはロックを解除し、Illustratorの「すべてを表示」で隠れたオブジェクトがないことを確認すること。

・QRコード、小級数のフォントはカラー「K」のみで作成。

・MacOS7.5.1以上。Adobe社指定のEPS形式を作成可能なアプリケーションは対応可。
 アプリケーションはPhotoshop5.5〜CS4、Illustrator8.01〜CS4、QuarkXPress4.0推奨。

・文字フォントはすべてアウトライン化。

・CMYKモード、RGBはNG。

・画像の入力解像度は掲載実寸で160〜200dpi程度、QRコードはモノクロ2階調画像、1200dpi程度に。

・西日本新聞社のRIPは、モノクロ140線、カラーは200線で2値化。

・1ページ(単ページ)1ファイル、見開きページ1ファイルで保存。

※広告掲載基準は西日本新聞本紙の掲載基準を適用します。