妊娠・出産とどう向き合うか?-河合蘭さんの講演「卵子老化を超えて」。

stacey_newman/iStock/Thinkstock

埼玉県久喜(くき)図書館で行われた、河合蘭さんの講演「卵子老化を超えて」を聞きに行ってきました。

河合蘭さんは、妊娠・出産の現場を25年以上にわたり追いかけ続けている、日本で唯一の出産ジャーナリストです。

講演では著書『卵子老化の真実』(文春新書)の中から、高年齢出産や卵子の老化についてのお話を聞くことができました。

この数年、「卵子の老化」と言う言葉をよく耳にするようになりました。
それは、時に出産適齢期を過ぎつつある女性たちを追い詰めます。

30代半ばに差し掛かった私の心の中にも、簡単には割り切れないあらゆる感情が入り混じっています。

やがて、そこから卒業するときがくるのだろうと思います。
この先、子どもを授かっても、授からなくても――。

妊娠に思いを巡らせることのできる時間は限られている。だから、いまこの時間がとても貴重なことに思えます。

「卵子の老化」とは、自分自身の体の声を聞き、自分の時間について考えることだと教わりました。

ほんの一部ですが、蘭さんのお話を紹介したいと思います。

■現代の出産事情

「晩産化」。

現代日本の出産事情を一言で表すと、こうなります。

日本女性の平均初産年齢は、全国で30.7歳、東京都では32.2歳だそうです。
東京都では実に出産する3人に1人が35歳以上で、複数子どもを産めば最後はいわゆる35歳以上の高年齢出産にあたるというのがごくごく平均的になっています。

晩産化が特別なことのように言われますが、『卵子老化の真実』の中では驚くべきデータが掲載されています。

記録が残っている中で最も古い1925(大正14)年の35歳以上の出産率は、現在の21倍だったと言います。

避妊も中絶もない時代です。

女性は20代から産み始め、40代以上になっても産み続けていました。
現在は50代の出産は主に卵子提供によるもので年間50件ほどですが、大正時代にはなんと3000件もあったと言うから驚きです。

医師いわく「スーパーおばあちゃん」が昔はたくさんいたということです。
だから、生物学的には、人間は40代~50代でも産める、ということ。

ただし、これが可能だったのは「経産婦」=妊娠を経験したことのある女性だからです。

初産年齢が高まっている現在の晩婚化との明らかな違いはここにあります。

とはいえ、「昔の女性がなぜ高齢で出産できていたのかを解き明かすことが、今の高年齢出産を助けるのでは」と蘭さんは言います。

高度経済成長期になると、避妊や中絶により出産をコントロールすることが可能になりました。
女性は家庭に入り専業主婦になるのが当たり前。20代になると仲人さんが結婚の世話をしてくれ、数年の間に出産する。
20代女性だけが妊娠していたのが、そんな時代です。

同年代の女性ばかりが子どもを産む均一社会では、競争が激しくなるという特徴があるそうです。
この時期に生まれたのが、お受験であり偏差値教育でした。

現在は多くの世代の女性が出産している大正時代に近づいているとも言えます。
蘭さんは「多様な年代の女性が出産する世の中は多様化が認められる健全な社会だ」とおっしゃっていました。

1 / 4

この記事もおすすめ