[万屋クリニック]下肢静脈瘤の症状と治療とは?

みなさんが気になる病気について、先生に聞いてみました。今回のテーマは「下肢静脈瘤の症状と治療」です。

下肢静脈瘤の症状はなに?

「足の血管が浮き出ている」、「足がだるい、重い、疲れやすい」、「寝ているときに足がつる」などの症状があります。

下肢静脈瘤は良性のため命に別状はありませんが、自然治癒は望めません。進行に個人差はありますが重症になると皮膚炎を合併し、潰瘍になる場合もあります。

 

どうやって治すの?

2014年にレ−ザ−治療・ラジオ波治療が保険適用となりました。

どちらも静脈内に極細ファイバ−を挿入して血管の内側から焼灼し、血管を閉塞させます。傷痕は2mm以下で出血や痛みも少ない日帰り治療です。下肢静脈瘤はエコーで診断がつきます。

足の症状で気になる方は下肢静脈瘤血管焼灼術指導医に相談されてください。

 

薬院血管外科クリニック

院長/和田 至弘

福岡市中央区薬院3-3-5 オフィスニューガイア LAPIS薬院8F

TEL.092-534-3001

 

※情報は2017.10.26時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ