ミラノ象徴!イタリアのメンズコスメが福岡・岩田屋三越に期間限定登場!

イケてるオヤジの国「イタリア」で、 数多くのラグジュアリーブランドとのコラボレーションでも知られるミラノの正統派理髪店「Antica Barbieria Colla(アンティカ・バルビエリア・コッラ)」が手掛ける男性用コスメ製品が、 福岡市・天神の岩田屋三越本館5階紳士雑貨売り場で3月20日(火)まで 期間限定で販売中です。

世界中の魅力的なブランドたちが紙面を飾るIwataya Men’s Bookに、110年以上の歴史を持つイタリア・ミラノの理髪店が手掛けるメンズコスメが取り上げられている、Antica Barbieria Colla(アンティカ・バルビエリア・コッラ)は、1904年創業のイタリア・ミラノで最も歴史のある理髪店として知られ、 2014年にはミラノのGUCCI店舗内で特設のシェービングイベントを行い、 2015年にはSALVATORE FERRAGAMOの「TIE STORY 2015」キャンペーンの撮影をAntica Barbieria Collaの店舗内で行うなど、 イタリアファッション界との深い繋がりがあります。 

■Antica Barbieria Colla(アンティカ・バルビエリア・コッラ)とは

■ファッションだけじゃない!イタリア映画界との繋がり

店内の壁には、 今までにここを訪れた数多くの著名人の写真が所狭しと並べられています。 映画『ライフ・イズ・ビューティフル』 で世界にその名をとどろかせたロベルト・ベニーニの写真には、 彼の直筆で、 オーナーであるフランコ・ボンピエッリ氏に向けて「フランコ!君は世界一だ!」という言葉も。 

イタリアオペラ界の最高峰とされるスカラ座にほど近いこの理髪店 には、 出演前の役者や音楽家が出入りしていたそうです。 それだけでなく、イタリア映画界の巨匠ルキノ・ヴィスコンティや映画『ライフ・ イズ・ビューティフル』で知られるロベルト・ベニーニなど、 名だたる映画人がこの店を訪れています。 

中でも、 ヴィスコンティは20世紀初頭からその生涯を閉じるまでこの店に通い、 店主であるフランコ・ボンピエッリとは、 ただの客と理容師の関係を越えた「人間同士」 の絆があったと伝えられています。 そんな大人の社交場がイタリアのバーバー文化なんだとか。 

■Antica Barbieria Collaが九州初上陸!

3月7日(水)から20日(火)の二週間、 岩田屋三越本館5階紳士雑貨売り場で、期間限定でAntica Barbieria Collaを販売中です。イタリア伊達男のみならず、 世界の紳士を魅了し続ける「Antica Barbieria Colla」の製品をお手にとってみては?

■イタリア文化を代表するグルーミング製品

日本展開商品はヘアケア製品とシェービング製品を合わせた10アイテム。 どの商品もまさにイタリア文化の結晶と言えるものばかりです。

シチリア島を思い起こさせるアーモンドオイルを使ったシャンプーや、 エッグパウダーとラムの香りを用いたシャンプーは、 イタリアの修道士が卵を使ったヘアマスクをしていたという歴史や、 理髪店にてタマゴとラムをミックスしたヘアパックのサービスを提供していたというイタリアの理容文化を引き継ぐもの。 他にも、 イタリアで馴染みの深いハーブ3種のエキスを使ったコンディショナーや、 唐辛子のエキスを使用したヘアローションなどもあります。 

また、 シェービング製品はシェービングクリームやアフターシェイブローションといった普段私たちが使用しているものから、 理容室で実際に使われているプレシェーブクリームという髭を剃る前の肌を整える製品、 そしてプロ仕様の豚毛を使ったシェービングブラシまであり、 これらの製品を使えば、 自宅にいながらもミラノのバーバーにいるかのような気持ちにさせられます。

ルキノ・ヴィスコンティもロベルト・ベニーニもAlmond ShampooとCapsicum&Menthol Lotionがお気に入りだったとか。 アーモンド文化の根付いたイタリアで育ったヴィスコンティは、 アーモンドオイルの入っているシェービング製品を嗅いで「子供の頃を思い出す」と言っていたそうです。

この製品を通して大人の男性ならではの贅沢な時間を味わってみてはいかがでしょうか。

日本公式ページはこちら

※情報は2018.3.12時点のものです

岩田屋

住所福岡市中央区天神2丁目5番35号
TEL 092-721-1111(代表)
URLhttp://www.i.iwataya-mitsukoshi.co.jp/index.html

この記事もおすすめ