[万屋クリニック]下肢静脈瘤になりやすい人とは?

みなさんが気になることについて、先生に聞いてみました。今回のテーマは「下肢静脈瘤」です。

下肢静脈瘤ってなに?

足の静脈弁の機能が悪くなることが原因でおこります。本来、心臓に戻るべき血液が、足の静脈にたまります。ひどくなると、ふくらはぎなどの血管が瘤(コブ)のように膨らみます。

 

どのような人がなりやすいの?

女性に多く、年齢とともに増加していきます。長時間立っている仕事の方に発症しやすいといわれています。遺伝性もありますし、 妊娠中はホルモンの影響もあり発症しやすくなります。

 

どうやって治すの?

圧力のあるストッキングを履いたり、注射で固める硬化療法、そして手術があります。見た目が気になったり、足のむくみやだるさがひどかったり、皮膚に炎症をおこしている場合は、早めに受診してください。症状によっては、日帰り手術も可能ですし、下肢静脈瘤は、保険適応で治療が可能です。

 

ふじもとクリニック
院長/藤本将史
福岡市早良区昭代3-5-20
TEL/092-407-0970

※情報は2018.5.17時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ