私、乳がんかもしれなかった⑤

こんにちは、女性の幸せな生き方について取材・執筆をしている、ライターの尾越です。

小林麻央さんの乳がん報道が注目を集めていますが、今は12人に1人が乳がんになるともいわれています。
乳がんは女性なら誰でもなる可能性のある、身近な病気です。
2013年、私にも「乳がんの疑い」がありました。
これは、そんな私が経験した54日間の記録です。

■今日から始まるのか、今日で終わるのか

結果を聞くまでの10日間は、仕事もプライベートも予定をたくさん入れて、病気についてはあまり考えないように過ごした。
でも、ふとした瞬間にやっぱり頭をよぎる。
良性だった場合、悪性だった場合、先生が私にそれを伝えるどちらの場面も、交互に思い浮かんだ。

あぁ、怖いなぁ!!!
病院、行きたくないなぁ!!!

当日、電車を待つ駅のホームで、恐怖で涙を流す私。
でも、でも、行かなければ!!

待合室に座ると、祈る間もなく名前を呼ばれた。
ドアを開けた瞬間、笑顔の先生が見えた。
「検査、お疲れさまでした」
そして、
「結論から言いますと、大丈夫でしたよ。悪いものじゃありませんでした」

ほっとして、全身から力が抜けた。
パソコンに「乳腺症」と先生が打ち込む。
「念のため、今後も一年に一度は検査をしていきましょうね」

「はい、はい!!」
私は力強く答えて、深々とお辞儀をして先生にお礼を言った。

嬉しくておかしくて、何よりほっとして、病院を出てひとりで笑った。
こうして、突然降りかかった54日間の試練は、幕を閉じたのだった。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ