「子どもを産まない」人生を想像してみる。

妊娠・出産について多く書いてきたせいか、何人かにこんなことを言われました。

「まりえさん、子ども願望があったんですね!
 バリバリ働きたい人だと思っていました」

ハッとしました。

20代の頃、確かに私は「専業主婦にはならない」と思っていました。
男に頼らず、自分の力で生きていける女になるのだ!と。

産休・育休が保証されている公務員でもない限り、仕事か子育てか、まだどちらかを選ばなければならない時代でした。
「それならば仕事だ」と、私はそう思っていたのでした。

「DINKS(ディンクス)=ダブルインカムノーキッズ」(夫婦共働きで子どもなし)という言葉がはやり、「産まない方がカッコイイ」という風潮が広がっていたのは、その少し前です。

しかし、この数年で世の中の空気は急速に変わりました。

子どもを出産したテレビタレントがすぐに仕事復帰し、ベビー服ブランドを立ち上げるなど、仕事も子どもも両方手に入れる人生を見せ始めた。
出産がむしろキャリアアップにつながる時代。

国は少子化対策に力を入れ、子どもを産まない女性は何となく肩身が狭い。

出産のリミットに差し掛かっている30代の心は複雑です。
仕事が大事という気持ちは変わらないけれども、世の中の風潮に後押しされ、私が出産を意識し始めたのは、30歳を過ぎた頃からでしょうか。

しかし、2ヵ月前に受けたAMH(卵巣年齢)検査でリミットがかなり間近に差し迫っていることを知ることに。

その結果を手にして、「私はこのまま子どもを産まないかもしれない」と思いました。

その人生は、どんなものか?
リミットが近づいて初めてリアルに考える、「未産」という生き方。
それは「不幸」な人生だろうか?

1 / 3

関連タグ

この記事もおすすめ