【突撃レポート】婚活居酒屋「相席屋」に行ってみた!(1)作戦会議

先日、友だちがイキナリ、「私、婚活する!」と言い出した。

いまや当たり前に浸透している「婚活」という言葉。でも、実際には何をするの?お見合い?結婚相談所に登録?なんて考えていたら、ふと婚活居酒屋の「相席屋」のことを思い出した。

相席屋とは、初対面の女性グループ(主に2人)と男性グループがランダムに相席し、食事をしながら出会いを楽しむお店のことだ。

友に声をかけてみると、二つ返事で「行く!」と返ってきたので、早速その2日後に行くことにした。こういうのはタイミングが命。

どこに行くか悩んだ結果、30代以上限定の相席屋に行くことに決めた。

■PM19:00~作戦会議

決戦は土曜日。

勇んで出かけたものの、19時過ぎにお店に行くと、「今、満席なんですよ」と店員さん。席が空くまで1時間ほどかかると言われたので、近くの手羽先屋で時間をつぶすことにした。

メニューを見ながら、「手羽ぎょうざ!」と言いかけて、いやいや、これから相席をするのに餃子はなかろうと、普通の手羽先に変えるくらいの理性はまだ保っていた私たち。

ここで、ちょっとした作戦会議をしてみる。

私たちは、同じ歳で同業だ。

「36歳・フリーライターって、モテなそうだよね?」

しかし、現実とかけ離れた嘘をついてもボロが出る。

「せめて、編集関係の会社員ってことにした方が、堅気に見えるんじゃない?年は34歳くらいでどうかな?あれ?それだと干支は何だっけ?」

「57年生まれのいぬ年だよ、弟と一緒だから間違わない」と友。

「よっしゃ、それでいこう!」と、ざっくり作戦が決まった。

そうこうしているうちに、「お席が空きました」と相席屋から電話が。かぶりついていた手羽先を慌てて飲み込んで、私たちは再び相席屋に向かった。 

【突撃レポート】婚活居酒屋「相席屋」に行ってみた!(2)へ続く~

■関連記事

【突撃レポート】婚活居酒屋「相席屋」に行ってみた!(1)作戦会議

【突撃レポート】婚活居酒屋「相席屋」に行ってみた!(2)相席屋にて、男性待ち

【突撃レポート】婚活居酒屋「相席屋」に行ってみた!(3)ついに相席スタート

【突撃レポート】婚活居酒屋「相席屋」に行ってみた!(4)女子とも相席してみた

※情報は2017.1.19時点のものです

尾越 まり恵

ライター
1980年1月30日、福岡県北九州市生まれ。
女性の幸せを願い、女性のキャリア、恋愛、結婚、出産について取材し、執筆しています。
専門テーマは「シングルマザー」「不妊治療」「ワーキングマザーの仕事と子育て」

関連タグ

この記事もおすすめ