婚活居酒屋「相席屋」突撃レポート~六本木店編(3)相席屋で得たものは?

■相席屋で得たものは?

Blurred people on subway platform waiting train night time

まったく恋愛モードではなかったけど、Aちゃんのおかげで和やかな相席となり、気が付けば1時間半が過ぎていた。
「そろそろ終電!」と4人で一緒にお店を出て、にこやかに「ありがとうございましたー!」と言い合いながら男性陣と別れる。
男性は30分1500円なので、1時間半だと1人4500円だ。係長がビール2杯、商社マンがビール1杯しか飲んでいないので、私たちの分の料理と飲み物代を彼らが払ってくれたことになる。

なんだか得るものがあったような、なかったような。
しかし、「濃い目にしますか?」という店員さんの配慮に乗せられつつ、ハイボールをガンガン飲んで気持ちよく酔っぱらっているかわゆいAちゃんを見ていると、これもアリなのかなぁ、と思う。

「タクシーで帰りたぁい」というAちゃんを「せっかくただで食べ飲みできたんだから、ちゃんと電車で帰ろうね」と制して、地下鉄に乗った。

婚活居酒屋「相席屋」突撃レポート~「六本木店」編(4)へ続く~

■関連記事

婚活居酒屋「相席屋」突撃レポート~六本木店編(1)経験を踏まえて店選び

婚活居酒屋「相席屋」突撃レポート~六本木店編(2)超エリート男性ズ登場!

婚活居酒屋「相席屋」突撃レポート~六本木店編(3)相席屋で得たものは?

婚活居酒屋「相席屋」突撃レポート~六本木店編(4)相席屋のウリは「不完全燃焼」?

※情報は2017.2.1時点のものです

尾越 まり恵

ライター
1980年1月30日、福岡県北九州市生まれ。
女性の幸せを願い、女性のキャリア、恋愛、結婚、出産について取材し、執筆しています。
専門テーマは「シングルマザー」「不妊治療」「ワーキングマザーの仕事と子育て」

関連タグ

この記事もおすすめ