歯が折れる!?ついついやってしまう「NG歯磨き」とは?

vchal/iStock/ Thinkstock

やっちゃいけないのに、実は多くの人がやってしまっている「歯の磨き方」があります。間違った磨き方を続けていると歯が削れたり、知覚過敏になったり、歯が根元から折れる可能性まで!?いったいその「歯磨き」とは何なのか?あなたも毎日やってしまっているかも・・・間違った歯磨きをやめて正しく磨くにはどうしたらいいのか、解説します!

5人に4人が歯周病!?9つのチェックで今すぐ診断

 

歯を磨くのは良いことだけれど・・・その歯磨きは逆効果かも?

liza5450/iStock/ Thinkstock

liza5450/iStock/ Thinkstock

歯の磨き方(ブラッシング法)には、いくつかの種類があります。そのうちのひとつが「横磨き法(水平法)」。毛先を歯に垂直にあてて、ブラシを横に動かす磨き方です。

他にも歯ブラシを縦に動かす「縦磨き法(垂直法)」、円を描くように磨く「フォーンズ法」など、いろいろな方法がありますが、無意識にやっている方が多いのは「横磨き」ではないでしょうか。 一般的なブラッシング法として広く普及している横磨きですが、正しい磨き方ができている方は少ないのが実際のところ。多くの方はブラシを歯に強くあてて大きく横に動かす「間違った横磨き」をしています。これこそがやってはいけない「歯磨き」なのです。

「間違った横磨きをやってしまってるけど、これまで特に問題なんてなかったけど?」という方もいるでしょう。では次の項目では間違った横磨きを続けていると起こってしまう怖いデメリットについて紹介します。

歯が折れちゃう?!間違った横磨きの、こわーいデメリット

PRImageFactory/iStock/ Thinkstock

歯ブラシを軽く握って、力を入れすぎないように磨くのが正しい横磨きですが、ぐいぐい力を入れて横磨きをしていると、次のようなデメリットがあります。

・磨き残しが多く、虫歯になりやすい
横に大きく歯ブラシを動かしていると、歯と歯のすきまにブラシが届かず、磨き残しが多くなります。これがプラークとなって虫歯の原因になってしまいます。

・歯ぐきへのダメージが大きく、下がってしまう
乱暴な横磨きを続けて歯ぐきに強いブラッシングの力が加わり続けると、歯周病でもないのに歯ぐきが下がってしまうことがあります。

・歯の根元が削れて、知覚過敏になることも
歯周病などで歯ぐきが下がっている場合、歯の根にブラシが当たってしまい、歯の根が削れて知覚過敏になったり、最悪の場合歯が根元から折れてしまうことにもなりかねません。

正しい歯の磨き方、教えます!ポイントは4つ

 

1 / 2

この記事もおすすめ