結婚、する? しない?

こんにちは、北九州出身のライター尾越です。

結婚観は、年齢や環境とともに変化していきます。
37歳になった私ですが、「結婚しないの?」「結婚願望はあるの?」とまだ聞いてくれる人がいて、それに対する私の返事も、その時々で変化している気がします。
「興味ないなー」と答えることもあれば、「結婚願望、あるよ!」と答えることも。
最近、芸能人の結婚のニュースを見ながら、結婚について考えることがありました。

■「祝・結婚」ではなく、「祝 脱・独身」

4月28日、女優の菊川怜さんが、司会を務める朝の情報番組「とくダネ!」で結婚を報告しました。
小倉智昭さんはじめ、共演者に祝福されながら、大きなくす玉を割ったところ、出てきた垂れ幕に書かれていたのは、「祝 脱・独身」の文字。
菊川さんは、喜びで涙ぐんでおりました。

しかし、この模様にSNSでは批判的な意見が続出。
「独身じゃなくなって良かったね、は感じ悪い」
「演出がセクハラ」
「独身は脱却すべきダメな状態なのか」

独身者のひがみか?とも思ったのですが、既婚女性の声もあった。
確かに私も少し違和感を覚え、なぜ、「祝 結婚」ではダメだったんだろう?と考えたりしたのですが。
たぶん、それでは伝わらないニュアンスがあったんです。菊川さんは、「脱・独身」したかったんだし、小倉さんは菊川さんの「脱・独身」を祝いたかった。
ずっと番組で結婚をネタにしてきたふたりの人間関係があって、「脱・独身」というシニカルな表現こそ、あの場にはふさわしかったんだろうな、と私は思います。

「独身という生き方だって素晴らしい」ということを否定しているわけではありません。ただ、脱・独身したい人もいる。その両方を認めればいいのではないかと思うのです。

1 / 3

関連タグ

この記事もおすすめ