夏はお化け屋敷!お化けに学ぶ「恐怖」の謎 お化け屋敷で科学する!長崎市歴史文化博物館

恐怖はどのようにうまれ、私たちの記憶に刻まれているのか。

そもそも、私たちにとって恐怖とは何なのか。

こうした問いに、先端の脳科学で答えを見つける企画展「お化け屋敷で科学する!」が7月19日、長崎市歴史文化博物館で始まります!沖縄で9万人を動員した話題の企画展!この夏、お化け屋敷で「恐怖」と向き合い、現代科学で「恐怖」の謎に迫りませんか?8月31日まで。

企画展では、映像や特殊装置を使った恐怖のアトラクションが体感できる「お化け屋敷エリア」、「恐怖」をテーマとした先端の研究が学習できる「科学トピックスエリア」、恐怖を客観的に体験できる「観察エリア」、怪奇現象を疑似的に体験できる「体験エリア」の4つのエリアが楽しめます。

お化け屋敷で恐怖と向き合い、お化けの助けを借りながら、先端の恐怖研究を学ぶチャンスです!

夏休みの自由研究にもぴったりな企画展。

期間中は、ナイトミュージアムや「ゆらゆらおばけづくり」など、ちょっと怖くて面白い企画もいっぱいです。ご家族や友人を誘ってぜひ、暑い夏のちょっとひんやりする体験をお楽しみください!

詳しくはこちら→http://www.nmhc.jp/exhibition/2014/obake/index.html

※情報は2014.7.5時点のものです

長崎歴史文化博物館

住所長崎市立山1-1-1 長崎歴史文化博物館3階企画展示室
TEL095-818-8366
URLhttp://www.nmhc.jp/
その他

開催時間:10:00~19:00(最終入館18:30)

休館日:なし

大人1,000円(800円)高大学生700円(500円)小中学生500円(400円)3歳以上小学生未満300円(200円)
*( )内は前売・及び15名以上の団体、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳持参者料金
*長崎れきぶん友の会会員は無料

 

関連タグ

この記事もおすすめ